【速報&動画】羽生結弦、フィギュアGPグランプリファイナル2015、SP(ショート)の結果は!?

羽生結弦,グランプリファイナル,結果,速報,動画,フィギュア,2015



 

Sponsored Link

 

羽生結弦がフィギュアGPグランプリファイナル2015でグランプリシリーズ第6戦の日本大会(NHK杯)で披露したSP(ショートプログラム)の演技よりもさらに素晴らしい演技を披露した!羽生結弦の結果と動画を紹介していく!

 

【速報】フィギュアGPグランプリファイナルSP(ショート)羽生結弦の結果は!?

日本時間の12月11日、2015年のフィギュアスケートGPグランプリファイナル2015が今年もスペイン、バルセロナで開かれた。グランプリシリーズの獲得ポイント上位6名にしか出場資格が与えられない、フィギュアスケートのトップクラスの大会でもあるため、この大会で優勝することは世界一のフィギュアスケーターということになる。

羽生結弦がNHK杯でショートとフリーの両方で世界最高得点を叩きだしたことは記憶に新しいが、今回のGPファイナル2015ではどんな滑りで何点だったのかがものすごく気になるところだろう。

 

フィギュアGPグランプリファイナル2015、男子SP(ショートプログラム)の結果

順位 得点 選手名 国名
1位 110.95 羽生結弦 日本
2位 91.52 ハビエル・フェルナンデス スペイン
3位 86.95 金博洋 中国
4位 86.47 宇野昌磨 日本
5位 83.47 村上大介 日本
6位 70.61 パトリック・チャン カナダ

 

羽生結弦の得点がずば抜けて高い。。。先日行われたNHK杯のショートプログラムの得点は106.33点。その点数を4点以上もさらに上回る結果の110.95点には会場中も割れんばかりの拍手や黄色い歓声が飛びかっていた。羽生自身も演技終了後には納得のいった表情を見せ、自らを拍手していたのが印象的だった。相当手応えがあったのだろう。

羽生結弦は6人中5人目の演技スタート。会場は日本で行われているかのような錯覚を起こすほど、羽生結弦のファンで埋め尽くされていた。(その様子は下にある動画でもご覧になることができる。)まるで羽生のホーム状態だ。そんななか、彼は完璧な演技を披露した。

ジャンプは全てにおいて完璧で、ステップも優雅だ。手足が長い羽生は男性特有の力強さよりも、女性らしい綺麗で美しいスケートが持ち味だ。だが、もちろん筋肉がないわけではない。羽生の腹筋は見事に割れているのだ。女性らしさと男性らしさの両方を併せ持った羽生結弦の演技は見るものすべてを魅了することができる。

その結果が世界最高得点の110.95点という点数となってあらわれたのだろう。

術点61.81点、演技構成点49.14点

この点数を見る限り、審査員の心も魅了したに違いない点数だ。4回転サルコウ、4回転トウループ3回転トウループのコンビネーションなど、すべて綺麗に着地をし、ノーミスの演技をすれば世界最高得点を更新することができるということを彼はNHK杯、そして今回のグランプリファイナル2015で見事に証明した。

 

Sponsored Link

 

【動画】羽生結弦の世界最高得点110.95点の演技

フィギュアGPファイナル2015でまたしても世界最高得点を叩きだした羽生結弦。その演技を早速、以下の動画でご覧いただこう。きっとこの演技動画は今後幾度と無く流れることになるだろう。それほど素晴らしい演技を彼は披露してくれたのだ。

羽生結弦、フィギュアGPファイナル2015、SP(ショートプログラム)の演技動画

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事