【動画】浅田真央、フィギュアGPグランプリファイナル2015のSP(ショート)の速報結果

浅田真央,GPファイナル,フィギュア,グランプリファイナル,動画,映像,結果,ショート



 

Sponsored Link

 

世界一決定戦とも言える、フィギュアGPグランプリファイナル2015。男子SP(ショートプログラム)を先に終え、翌日の12月11日(日本時間は12日)は女子SPが行われた。

10月から始まったGPシリーズの最終戦であるGPファイナルは獲得ポイント上位6名に出場資格が与えられ、浅田真央は4位につけていたため、この大会に出場することが決まっていた。

女子の出場選手全員がグランプリシリーズの各大会で1度優勝しており、得点から見ても実力差はそれほどないが、かつての女王として、浅田真央には今大会でもまた優勝という結果をつかみとって欲しいものだ。

この記事では浅田真央のフィギュアGPグランプリファイナルSPの演技を動画で、また結果一覧も合わせて紹介していく。

 

【動画】12/13GPファイナル2015、浅田真央のSP・FSの演技と最終結果

 

【速報動画】浅田真央、フィギュアGPグランプリファイナル2015のSP(ショート)の演技

では早速だが、ついさきほど終了した浅田真央のSP(ショートプログラム)、『素敵なあなた』の演技を速報の動画でご覧いただこう。

【動画】浅田真央、フィギュアGPファイナル2015のSPの演技

 

Sponsored Link

 

【速報】浅田真央、フィギュアGPグランプリファイナル2015女子シングルSP(ショート)の結果は!?

浅田真央の演技は6人中3人目のスタート。浅田の前に滑る、アシュリー・ワグナー、エレーナ・ラジオノワは60点台後半の得点を出し、やはりGPグランプリファイナルはトップレベルの選手が集う大会だと改めて感心させられた。

続く浅田真央は、最後のジャンプの3回転ルッツが1回転となってしまったが序盤の3回転アクセルは見事に着氷させていた。このジャンプの成功で自信がついたかと思われたが、コンビネーションジャンプの3回転フリップ・3回転ループは回転不足の判定をとられてしまったため、得点は思うように伸びなかった。

だが、浅田は69.13点で3位につけた。技術点34.01点、演技構成点は35.12点でまずまずといったところだろうか。

トップはロシアのエフゲーニャ・メドベデワで、自身のSP自己ベストを更新し、74.58点という得点に。SP3位の浅田真央はトップとの差を5.45点とされたが、フリーの演技次第ではまだ優勝を狙える位置にいる。

以下に女子SPの結果一覧を示していこう。

 

【動画】12/13GPファイナル2015、浅田真央のSP・FSの演技と最終結果

 

フィギュアGPファイナル2015、女子シングルSPの結果一覧

順位 選手名 得点 国名
1位 エフゲーニャ・メドベデワ 74.58 ロシア
2位 エレーナ・ラジオノワ 69.43 ロシア
3位 浅田真央 69.13 日本
4位 宮原知子 68.76 日本
5位 グレイシー・ゴールド 66.52 アメリカ
6位 アシュリー・ワグナー 60.04 アメリカ

 

上記の表を見ると、2位から5位までの得点は2.91点差しかなく、混戦状態となっていることがわかる。日本時間の13日の早朝に行われる女子フリーの演技次第では誰が優勝するかはまったくわからない状態だ。

浅田真央が2年ぶり5度目のGPファイナルで優勝の2文字を手にする結果となるか!?決戦はいよいよ明日だ。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事