U-23サッカー日本代表の決勝戦の相手は韓国!リオ五輪出場決定後の試合はどうなる!?



 

Sponsored Link

 

サッカーU-23日本代表は26日に行われたイラクとの一戦で2−1と勝利したため、今年、2016年に開催されるリオ五輪の出場が決まった。

イラクはこの世代の最強王者とも言われているほどの強敵だったが、日本は後半終了間際のアディショナルタイムでMFの原川が劇的なゴールを決め、決勝進出とともにリオ五輪の出場資格も得た。

これで日本は6大会連続でオリンピックに出場することとなった。

 

 

U-23サッカー日本代表の決勝戦の相手は韓国!

日本が決勝で対戦することとなった宿敵、韓国は日本よりも多い8大会連続でオリンピック出場を決めた。

韓国は準決勝でこの大会の開催国のカタールと試合を行い、3−1で勝利している。

日本対韓国の一戦は日本時間30日、23:45よりキックオフの予定だ。

 

Sponsored Link

 

リオ五輪出場決定!メンバーは?試合は?どうなるU-23日本!

日本代表は過去5大会連続でオリンピックに出場していることから、今回のアジア最終予選でも結果が期待されていた。

その反面、プレーする選手や監督、コーチらは極度のプレッシャーの中、戦いを強いられていたことは間違いない。

だが、それでも見事に6大会連続となるオリンピック出場を決めたことは賞賛に値する。

 

カタールで開催されているリオ五輪アジア最終予選で日本は準決勝のイラク戦前まで無失点で勝ち進んできていた。キャプテンの遠藤がメンバーをしっかりとリードし、チームの雰囲気も良い状態でこの大会に臨めている。

準決勝のイラク戦では1点を奪われたものの、強敵を倒してのリオ五輪の切符を獲得したことはU-23の日本代表メンバーにとっては非常に価値のある一戦だっただろう。

そして、韓国と対戦することが決まった決勝戦では、海外組の南野拓実が所属するオーストリアのザルツブルグからは帰還の要請があったため一足早く代表メンバーから離れることとなった。

対する韓国も南野と同じザルツブルグに在籍するファン・フィチャンも日本との決勝戦を前に代表から離れることになった。

五輪代表選手はFIFAのルール上、選手を拘束する権利がないため、クラブ側との話し合いによって代表メンバーが招集できるかどうかが決まってくるのだ。

A代表ではこういったことはないのだが、五輪代表のU-23では各国の代表選手がこういった事情によりアジア最終予選に参加できなかったケースがよく見受けられた。そのため、各国の代表は全力で試合に挑んでいるとはいえ、ベストな状態だったとは言い難い。

しかしそれも含めて、各国の戦略で代表選手を招集するプランなどをあらかじめ練っておく必要もあるだろう。サッカーの試合だけで勝敗は決まってしまうが、選手を招集できるかどうかも監督やコーチなどの首脳陣の手腕に関わってくる。

 

南野拓実は決勝戦には参加せず所属クラブへ戻るが、リオ五輪出場を決めた段階で、所属クラブと日本代表側が決定したことであり、リオ五輪でも南野を招集できるようにするために、現段階では所属クラブの要請を優先しようという決断に至ったようだ。

日本はスイスのヤングボーイズでプレーする久保裕也も代表に招集されているが、久保は決勝戦もそのまま残ってプレーする予定となっている。

 

アジア最終予選の決勝戦は30日の23:45からキックオフだ。

宿敵、韓国を相手にどんな試合となるのだろうか。今から楽しみだ。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)