清原和博と覚せい剤の関係とは!?離婚が原因?現行犯逮捕の真相

清原和博,覚醒剤,覚せい剤,逮捕,取締法違反,所持,疑い,報道,離婚,真相



 

Sponsored Link

 

テレビでも速報が流れたのでこの事実を知っている方も多いだろう。清原和博が覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕された。

 

清原和博が現行犯逮捕された!容疑は覚せい剤取締法違反(所持)の疑い

元プロ野球選手の清原和博がテレビ業界から姿を消していたことをご存知の方もいるだろう。なぜ姿を消していたのかというと、覚せい剤を使用しているのではないかという疑いをかけられていたからだ。

このときは清原はダウンタウンの浜田雅功からストレートに「お前さ、クスリやっているの?」と聞かれていたが、清原はきっぱりと完全否定していた。真実はどうか定かではないが、所持の疑いで逮捕されてしまった現在、当時完全否定していたことも嘘だったようにしか感じられなくなってしまう。

野球ファンからすると、清原ほどの選手がこのような姿になってしまったことは非常に悲しい。

将来プロ野球選手を目指す子どもたちにも悪影響が出ないとも言えないほどの選手だけに、今回の騒動は各種マスメディアで今後も数多く取り上げられることになりそうだ。

清原和博が覚せい剤取締法違反(所持)の疑いで現行犯逮捕されたことで、他へも影響が及ぶことは間違いないだろう。

清原の周囲関係者などにも調査が及ぶ可能性は十分にある。昨年プロ野球では野球賭博が問題になったばかりだ。そして今年、またプロ野球界に衝撃が走ることとなった。

2月からプロ野球ではキャンプが始まったばかりだ。清原の逮捕によって出鼻をくじかれるようなことにならなければ良いが・・・

 

Sponsored Link

 

清原和博と覚せい剤の関係とは!?離婚が原因?

清原は前妻の亜希夫人と離婚騒動があって以来、徐々に容姿に陰りが見え始めていた。かつての強面の面影はあるが頬は痩せこけ、ダイエットをしたという痩せ方ではないことが誰の目からも容易に想像できる姿になっていたのだ。

清原が覚せい剤を本当に使用していたのかはわからないが、所持の容疑をかけられ逮捕された現在、彼を信じてきたファンやプロ野球界、テレビ業界には多大な迷惑、そして信用を損ねる結果となってしまった。

清原と覚せい剤の関係は西武ライオンズに入団した当時からあった。

入団当時、大阪府警の覚せい剤防止を啓発するポスターのモデルとして登場している。

ちなみにその当時のキャッチコピーは

”覚せい剤打たずにホームランを打とう”

という斬新なものだ。

現役を引退し、ホームランを打つことがなくなった清原は覚せい剤に手を出してしまったのだろうか。

 

覚せい剤取締法違反の疑いで逮捕された今でさえも、まだ信じられない気持ちが強い。

覚せい剤は自分だけではなく、まわりの人へも多大な影響を及ぼしてしまう。一時の快楽に溺れて一生を棒に振らないようにしていただきたいと心から願っている。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)