五郎丸歩がオーストラリアへ出発。嫁や子どもも一緒に?英語は話せるのか?

五郎丸,オーストラリア,嫁,妻,奥さん,子ども,英語,レッズ



 

Sponsored Link

 

五郎丸歩がオーストラリアへ出発しレッズに合流

ラグビーワールドカップ2015イングランド大会で一躍、時の人になった五郎丸歩。日本のラグビートップリーグでは「ヤマハ発動機ジュビロ」に在籍し、2015−2016のシーズンでは準決勝で東芝に破れたものの3位決定戦で見事勝利し、3位に導いた。

日本のトップリーグは現在、シーズンオフ。五郎丸が旅立つオーストラリアは南半球のためこれからシーズンに突入していく。

北半球と南半球の気候の違いを活かし、1年を通してラグビーをプレーすることができるのだ。五郎丸歩は2月から8月までオーストラリアのレッズでプレーすることが決まっている。その後はまた日本へ戻り、半年間は日本のチーム(現在の所属チームはヤマハ発動機ジュビロ)でプレーすることになる。

 

そんななか五郎丸は5日、オーストラリアへ向け出発した。

これからプレーすることになるオーストラリアのレッズが参加するリーグは世界最高峰のリーグ、スーパーラグビー(SR)と言われている。

ラグビーの世界国別ランキングの上位3カ国のニュージーランド・オーストラリア・南アフリカのチームで構成されたリーグだ。だが2016年の今年から日本とアルゼンチンの2カ国がスーパーラグビーに参戦することとなった。

これによって、日本は日本チームを構成することになった。日本のチーム名は「サンウルブズ」でメンバーはまだ未定のようだ。

ラグビーワールドカップ2015で代表入りした選手も五郎丸と同様、今季からスーパーラグビー参加チームでプレーすることが決まっている選手が多い。そのため日本のチームのサンウルブズには日本代表に選出されていなかった選手が選ばれる可能性が十分にある。2019年には日本でラグビーワールドカップが開催されることがすでに決まっている。より多くの日本人ラグビー選手が海外の体の大きい選手と対戦し、海外の選手とプレーに慣れ、戦い方を知るチャンスを掴むことがこれからの日本のラグビー界にとっては非常に重要だろう。

五郎丸はレッズの練習に今月の8日から参加する。公式戦は今月27日から始まる。5月には日本のチームであるサンウルブズとレッズの本拠地で対戦する。この試合に五郎丸が出場するかどうかも今から楽しみの一つになっている。

 

Sponsored Link

 

五郎丸の嫁や子どもも一緒にオーストラリアへ?英語は話せるのか?

五郎丸はオーストラリアでプレーするにあたり、子どもの影響も考えて決断したようだ。

「(オーストラリアへ)家族も一緒に行けますし、子どもにも良い経験になる」

五郎丸はレッズ加入を決めた記者会見でこのようなコメントを残していた。

つまり、子どもも嫁も父であり、夫である五郎丸歩についていく形をとったのだ。

今年からスーパーラグビーに日本のチームのサンウルブズが参戦することになったが、五郎丸がなぜサンウルブズに加入しなかったのか、その理由は明白だ。

それは嫁、子どもとの時間が取れなくなるからだ。

一方、オーストラリアのチームであるレッズに加入することは家族との時間が取れる。という理由で加入するという決断に至ったという。

 

また、五郎丸の嫁は以前、オーストラリアへ半年ほど留学していた経験があり、英語も堪能だという。

これもレッズに加入する大きな判断材料になっただろう。

家族に英語が話せる人がいることは私生活で相当な安心感がある。

もちろんプレー中に英語が話せないとなると、コミュニケーションが取れなくなってしまうが、身近に英語が話せる人がいると、英語を学べる先生代わりになってくれることだろう。

 

スーパーラグビーに参戦する日本代表選手が増えたことによる影響

日本人選手、または日本代表選手が日本国内のラグビートップリーグだけではなく海外で活動するようになると、なぜ良いのか。サッカーや野球でも海外組と言われるように、日本人選手が海外のクラブチームへ移籍するなどして活動することで、日本人選手全体の技術力や精神力などが飛躍的に向上している。

ラグビーでは今までこうした海外組というのはなかった。

それが、昨年のラグビーワールドカップの活躍によって、世界中が日本代表選手に興味を持つようになった。

今年からスーパーラグビーに参加する日本代表選手が一気に増えたことでラグビーの露出度がさらに増すことは間違いない。日本のトップリーグだけでプレーしていた場合、オフシーズンはほとんど露出がなくなってしまう。

これからがシーズンのスーパーラグビーでプレーすることで、1年中ラグビー選手の情報をニュースやテレビ番組で見る機会が圧倒的に増える。それは必然的にラグビーファンが増えることにも繋がるだろう。

そしてそれは、将来のラガーマンを増やし、日本代表選手の底上げに一躍かってくれることにもなるだろう。

ラグビーワールドカップで日本代表が決勝トーナメントへ進出し、優勝という、今まで信じられなかった光景を目の当たりにできる日が来ることもあるかもしれない。

 

五郎丸歩を筆頭に、ラグビーからは今後もさらに目が離せないだろう。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事