【動画・画像】【プロ野球ドラフト会議2016】阪神の1順目に白鴎大学の大山を指名!え?誰?

プロ野球,ドラフト,会議,2016,阪神,1位指名1順目,白鴎大,大山,画像,指名,誰



 

【プロ野球ドラフト会議2016】が始まった

今年もはじまった。

2016年10月20日、プロ野球ドラフト会議。

人生が左右される日を、これほどまでに盛大に多くのメディアでとりあげられるのは

このドラフト会議ぐらいではないだろうか。

 

いや、政治の世界ではよくある話だが、ある程度、成熟した人間の世界の話だ。

かたや、プロ野球のドラフト会議ともなると、高校生や大学生がメインだ。

20歳そこそこの人間の人生を決める大きなイベントに日本中が注目する。

 

Sponsored Link

 

ドラフトに指名されれば、天国だが、

本気でプロしか目指していない人が最後まで指名されることなくドラフト会議を終えることもある。

むしろそのほうが多いだろう。

まさしくそれは地獄だと感じる人もいるはずだ。

その経験を糧にして、来季のドラフトに勝負をかける人もいることだろう。

 

そんな人生のビッグイベントに注目が注がれた今日、あるひとりの人物に迫っていく。

 

 

ドラフト2016、阪神1巡目単独指名の白鴎大学の大山とは誰だ!?

おおかたの予想では阪神は1巡目に桜美林大学の佐々木千隼を指名すると思われていた。

だが、フタを開けてみれば1巡目に佐々木千隼の名前が挙がることなく、なんと前代未聞のハズレ1位で5球団の競合となった。

 

では、阪神は1巡目に誰を指名したのだろうか。

1巡目の予想にはどの球団もはいっていなかった、大山悠輔だった。

大山悠輔は白鴎大学の出身で、日米大学野球の侍ジャパンで日本代表に選ばれ、5試合すべてで4番を任されたほどの強打者だ。

今年のドラフトでは左打者が多く、右打者の大山は貴重な存在としてドラフト候補にはあがっていた。

だが、まさか1巡目指名されると予想したものはいなかっただろう。

 

そういう意味ではノーマークだった大山。

阪神ファンならずとも

 

「大山って誰?」

 

と、思う人が続出しているようだった。

 

今回の予想について、来季以降、大山には良い意味で期待を裏切って欲しい。

大山の活躍が阪神の救世主となれるよう期待している。

 

Sponsored Link

 

【動画・画像】阪神1位指名、白鴎大学の大山の素顔はこれだ!

阪神は他球団との競合もなく、1本釣りで大山との交渉権を獲得した。

大山の阪神入団は決定したも同然だろう。

それでは大山悠輔という選手についてより詳しくみていくことにしよう。

 

 

まずは大山悠輔の顔を。

【画像】阪神1位指名の大山悠輔って誰?素顔を暴露!

プロ野球,ドラフト,会議,2016,阪神,1位指名1順目,白鴎大,大山,画像,指名,誰

 

切れ長の目がとても印象的だ。

 

大山のバッティング動画もご覧いただこう。

【動画】阪神の金本監督も絶賛!?白鴎大学の大山悠輔のバッティング

 

大山悠輔

茨城県のつくば秀英高等学校に在籍し、主将で4番。

高校通算本塁打は30本というスラッガーだ。

また投手としても活躍し、140kmを超える速球を武器にしていた。

『4番ピッチャー、キャプテン』というまさに漫画の世界を生きていたのが大山悠輔なのだ。

 

大学は白鴎大学に入学し、1年の春からスタメンに起用された。

投手をしていた経験から肩が強く、また4番打者として強打を誇っていたため大型内野手として活躍していた。

白鴎大学時代は野手に専念し、3塁手をつとめていた。

1年の春から3塁手として起用され、ベストナインに選ばれるほど大活躍を見せた。

2年の秋には最多打点のタイトルを獲得。

そして4年の春になると、新記録となる1シーズン8本塁打を記録した。

 

その活躍が認められ、日米大学野球の日本代表に選出され全試合で4番を任されるも

プレッシャーからか、15打数2安打と成績はよくなかった。

 

だが、金本監督が見初めた逸材なのだろう。

阪神入団をきっかけにさらに化ける姿が見られることを楽しみにしている。

 

Sponsored Link

 

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)