【速報動画】浅田真央の演技結果は!?フィギュアスケートGPシリーズ2016アメリカ大会・女子SPの得点と順位を発表!

動画,フィギュア,スケート,女子,SP,アメリカ,大会,浅田真央,演技,順位



 

2016年。今年もフィギュアスケートがはじまった。

フィギュアスケート、GP(グランプリ)シリーズ2016の開幕戦となったアメリカ大会は10月21日(日本時間22日)から。

開幕戦となる初戦に出場した浅田真央。

彼女の演技と順位はどうだったのだろうか。動画と合わせみていくことにしよう。

 

【動画】浅田真央、スケートアメリカ2016のフリー(FS)演技の結果は6位

 

Sponsored Link

 

【速報動画】浅田真央の演技〜フィギュアスケートグランプリシリーズ2016女子SPアメリカ大会〜

まず早速だが、浅田真央フィギュアスケートグランプリシリーズ開幕戦となるSPの演技動画の速報をご覧いただこう。

 

【速報動画】フィギュアスケートグランプリシリーズ2016女子SPアメリカ大会、浅田真央の演技

 

【動画】浅田真央、スケートアメリカ2016のフリー(FS)演技の結果は6位

 

 

浅田真央は今年のSPの演技で使用する曲を

マヌエル・デ・ファリャ バレエ音楽『恋は魔術師』の「火祭りの踊り」

という曲を選曲した。

 

「火祭りの踊り」というように、衣装は黒で統一されているが、

火をあらわしている装飾がほどこされている。

 

2016年の今年、26歳となった浅田真央はさらに大人の女性の魅力を増した。

その魅力は演技にもあらわれている。

 

フィギュアスケート・グランプリシリーズ2016女子SP、アメリカ大会で見せた

浅田真央の演技を見ていると、とても妖艶だ。

からだの使い方や指先までセクシーな印象を受けた。

顔の表情もとても落ち着いているように見受けられる。

大人びたメイクもさほど違和感がなくなった。

 

浅田真央の演技動画を見ていただけただろうか。

一度もジャンプで転倒することはなく、大きなミスもなかった。

 

3番目に滑走した浅田真央は演技終了後、暫定トップにたった。

 

Sponsored Link

 

【結果】浅田真央のフィギュアスケートGPシリーズ2016・女子SPアメリカ大会の得点と順位

浅田真央のSPの得点と最終的な順位はどうだったのだろうか。

結果を見てみよう。

 

浅田真央のSPの得点結果

技術点:30.99点

演技構成点:33.48点

合計得点:64.47点

 

 

大きなミスはなかったが、ジャンプの着氷時に回転不足などで

そこまで点数が伸びなかった。

しかし、妖艶な大人になった浅田真央。

『成熟した演技』と評され、演技構成点は33.48点と全11人の中で2番目の高得点だった。

 

 

【結果】フィギュアスケートGPシリーズ女子SPアメリカ大会の順位

順位 得点 選手名 国名
1位 69.50 アシュリー・ワグナー   アメリカ
2位 65.75 三原舞依 日本
3位 64.87 グレイシー・ゴールド アメリカ
4位 64.49 ガブリエル・デールマン カナダ
5位 64.47 浅田真央 日本
6位 60.92 マライア・ベル アメリカ
7位 58.16 パク・ソヨン 韓国
8位 56.52 セラフィマ・サハノヴィッチ ロシア
9位 52.62 ロベルタ・ロデギエーロ イタリア
10位 47.87 村上佳菜子 日本
11位 47.80 アンゲリーナ・クチヴァルスカ ラトビア

 

浅田真央は5位で64.47点。

トップのアシュリー・ワグナーはやはり強い。

69.50点で、浅田との得点差は5.03点離れている。

 

浅田は明日のフリーで優勝を狙える位置につけているが、

上位3名はなかなかの強敵だ。

 

今回、トップのアシュリー・ワグナーに次いで2位に躍り出たのは

日本の三原舞依だ。

まだあまり知られていないかもしれないが、今大会が三原舞依のGPシリーズのデビュー戦なのだ。

まだ17歳と若いが、良い滑りをする。

 

そして3位につけているのがグレイシー・ゴールドだ。

彼女の名は有名だろう。

2014年のソチ五輪では、スケートの団体で3位に入り、銅メダルを獲得している経験を持っている。

 

 

明日のフリーで浅田真央はどこまで得点を伸ばすことができるだろうか。

妖艶になった彼女の姿と演技を、まだこの目で見られることは素直に嬉しい。

 

彼女自身、最高のスケートができるよう心から願っている。

明日のフリー演技は必見だ。

 

Sponsored Link

 

 

あなたにおすすめの記事