三原舞依(みはらまい)とは?女子フィギュアスケートGPシリーズ2016・スケートアメリカSPで2位スタート!

三原舞依,女子,フィギュアスケート,グランプリ,GPシリーズ,スケートアメリカ,SP,2位



 

あなたは三原舞依(みはらまい)をご存知だろうか。

2016年10月22日、フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ2016開幕戦、

スケートアメリカのSPで突如として新星が現れた。

果たして三原舞依とはどんな人物なのだろうか。

詳しく見ていくことにしよう。

 

【動画】三原舞依(みはらまい)、スケートアメリカ2016フリー(FS)演技の結果は3位!

 

Sponsored Link

 

三原舞依(みはらまい)とは!?フィギュアスケート界に期待の新星登場!

三原舞依とは一体どんな人物なのだろうか。

まずはフィギュアスケートグランプリシリーズ2016開幕戦、スケートアメリカにて突如登場した新星

三原舞依の演技を見て欲しい。

 

三原舞依、フィギュアスケートGPシリーズ2016・アメリカ大会SPでの演技

 

 

【動画】三原舞依(みはらまい)、スケートアメリカ2016フリー(FS)演技の結果は3位!

 

 

素晴らしい演技だ。

開始直後の連続3回転、高速スピン、ステップも良い。

ただ、最後のジャンプでの着地の際、大きくバランスを崩し、転倒しそうになった。

なんとか転倒は回避できたが、ここまでほぼノーミスできていただけに悔やまれる演技となった。

 

三原舞依は演技終了後、それでも笑顔を見せていた。

最後のミスはあったものの、納得のいく滑りができたということなのだろう。

 

三原舞依,女子,フィギュアスケート,グランプリ,GPシリーズ,スケートアメリカ,SP,2位

 

そして、得点の発表があった直後、

自分の得点の高さを見て、コーチに「すごくない!?」と

自己ベストを更新し喜んでいた。

このときの表情はまだ17歳のあどけなさが垣間見え、

スケートリンクで滑っているときとはまた違った表情が見れて頼もしく、また可愛らしくも見えた。

 

Sponsored Link

 

そんな三原舞依は

1999年8月22日生まれの17歳。

兵庫県神戸市出身で現在は芦屋高校に通う現役高校だ。

 

今年からシニアに転向したばかりでグランプリシリーズのアメリカ大会でデビュー戦を迎えることとなった。

ジュニア時代にはすでに世界大会に出場していた経験があり

ジュニアグランプリシリーズでは2大会で2位につける好成績を収めたこともある実力者だ。

 

ジャンプはアクセルを除く5種類のトリプルジャンプを跳ぶことができる。

コンビネーションでは

  • 3回転ルッツ-3回転トウループ
  • 3回転フリップ-3回転トウループ
  • 3回転トウループ-3回転トウループ
  • 2回転半アクセル-3回転トウループ

を成功させている。

三原舞依はステップ、スピンにも定評があり、最高レベルのレベル4を獲得したこともある。

 

昨年はシーズン中盤から若年性特発性関節炎、俗に言う若年性リウマチを発症し、入院をしていた。

今シーズンからシニアに転向した最初の大会、ネーベルホルン杯では見事に優勝を飾った。

 

まだ17歳だが、これから期待の持てる新星があらわれたことはかなり楽しみとなった。

 

 

三原舞依が女子フィギュアスケートグランプリシリーズ2016・スケートアメリカSPで衝撃の2位デビュー!

女子フィギュアスケートグランプリシリーズ2016・スケートアメリカのSPで

浅田真央に憧れている17歳の現役高校生、三原舞依がアシュリー・ワグナーに次ぐ堂々の2位で衝撃の

グランプリシリーズデビュー戦を飾った。

 

三原はこの日、全11人中9番目の滑走だった。

憧れの先輩、浅田真央は3番目の滑走ですでに演技を終えていた。

そんな憧れの先輩も見守る中、三原の演技が始まった。

 

青色の衣装に身を包み、まだあどけなさも残るなか、

三原の演技に観客は魅了されていたことだろう。

 

彼女の演技は本当に素晴らしく、全選手の中で

技術点はトップという成績を収めた。

 

あとは憧れの先輩、浅田真央の演技力まで高めることができれば

数々の大会で優勝することは不可能ではない。

 

グランプリシリーズで衝撃の2位デビューを果たした三原舞依に

我々はこれから注目することになるに違いない。

 

Sponsored Link

 

 

あなたにおすすめの記事