【動画】浅田真央、スケートアメリカ2016のフリー(FS)演技の結果は!?グランプリ(GP)シリーズ初戦

浅田真央,フィギュアスケート,グランプリシリーズ,2016,結果



 

浅田真央、2016-2017シーズンのグランプリシリーズ初戦。

開幕戦となったアメリカ大会。

昨日のSPで大きなミスはなかったものの、点数が伸びなかった。

その結果、5位スタートとなって今日、フリーを迎えた。

 

そんな浅田真央のグランプリシリーズ初戦のスケートアメリカ2016のフリー(FS)の演技や結果をお伝えしていく。

 

Sponsored Link

 

【動画】浅田真央、スケートアメリカ2016のフリー(FS)演技

では早速だが、2日となったグランプリシリーズ初戦、スケートアメリカ2016の

浅田真央のフリー(FS)の演技をごらんいただこう。

 

【動画】浅田真央、スケートアメリカ2016のフリー(FS)演技

 

Sponsored Link

 

浅田真央の結果は!?スケートアメリカ2016のフリー(FS)グランプリ(GP)シリーズ初戦

7番目で登場した浅田真央。

SPで5位スタートとなったが、トップとの差はわずか5.03点。

浅田真央なら逆転できない点差ではない。

 

緊張のなか、フリーの演技が始まった。

やはり膝の調子が良くないのかジャンプは攻めのジャンプは見られないように感じた。

中盤、着地の際にバランスを崩し、手をついてしまう場面もあったが

その後は体勢を取り戻し、スムーズにつなげた。

 

それ以降の演技は

「さすが浅田真央」というステップを披露してくれた。

技術点はやはり伸びなかったが

SPと同様、演技構成点ではアシュリー・ワグナーに次ぐ堂々の2位の得点を叩き出した。

 

浅田真央の課題はやはりジャンプということになるだろう。

3回転ジャンプを正確に飛べる選手が増えてきているなか、

これを飛べないとなると、かなり苦しい戦いになるには違いない。

 

残念ながら、浅田真央のグランプリシリーズ初戦、スケートアメリカ2016の最終的な結果は

6位となってしまったが、まだ初戦だ。

徐々に本調子を取り戻して、本来の浅田真央の姿でグランプリシリーズに挑戦してほしい。

そしてわたしたちも、その姿をまた見てみたいと、心から願っている。

今大会の浅田真央の結果は残念だったが

彼女なりに反省点を見つけ、次戦に調整してくるだろう。

 

Sponsored Link

 

 

あなたにおすすめの記事