【動画】宇野昌磨がフィギュアスケートグランプリシリーズ2016・アメリカ大会SPで1位スタート!

動画,宇野昌磨,フィギュアスケート,GP,グランプリシリーズ,初戦,アメリカ大会,SP,1位



 

2016-2017シーズンのグランプリシリーズが女子につづき、男子も始まった。

開幕戦となった初戦はアメリカ大会からとなる。通称スケートアメリカと呼ばれる。

グランプリシリーズ女子SPでは浅田真央が出場したが結果は6位とふるわなかった。

だが、17歳の三原舞依が大活躍を見せた。

結果は3位と堂々のスケーティングを披露した。

 

そして男子。

フィギュアスケート男子は羽生結弦に注目が行きがちだが、

この人も忘れてはいけない。

宇野昌磨だ。

 

宇野は昨年の2015年のグランプリシリーズでは3位という好成績を収めている。

また同年の全日本選手権では2位だった。

 

そして迎えた2016年のグランプリ(GP)シリーズ・アメリカ大会。

羽生結弦は今大会には出場していないが、宇野昌磨が躍進した。

 

そんな彼の演技動画を見てみよう。

 

宇野昌磨、グランプリ(GP)シリーズ2016・アメリカ大会の結果と演技動画

 

Sponsored Link

 

【動画】宇野昌磨、フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ2016、アメリカ大会SPの演技

宇野昌磨。

羽生結弦と比べるとまだまだかもしれない。

だが、彼の年齢を考えると伸びしろはかなりある。

まだ18歳の大学生だ。

そんな宇野昌磨が魅せた、フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ初戦のアメリカ大会でのSPの演技を動画でご覧いただくことにしよう。

 

【動画】宇野昌磨、フィギュアスケートグランプリ(GP)シリーズ2016・アメリカ大会SPの演技

 

宇野昌磨、グランプリ(GP)シリーズ2016・アメリカ大会の結果と演技動画

 

 

昨年とは違って、大人っぽくなった表情とたくましくなった肉体が演技をさらに良くしている印象だ。

男子SPで、宇野昌磨(18=中京大)が89・15点で首位発進した。

 

 

宇野昌磨は最初のジャンプ、4回転フリップで着氷するも、

コンビネーションジャンプの2本目の3回転トーループで転倒してしまった。

 

宇野自身は

1つめ(4回転トーループ)が良かっただけに、もったいない

と悔しがっていた。

 

ミスはあったものの、終始落ち着いて演技ができていた。

今大会は時差ボケ対策、大会の1週間前にはアメリカへ出向き

現地入りをするほどの万全な体勢を整えた。

その甲斐あってか、普段の練習と同じように試合に臨むことができたようだ。

 

今シーズンでシニアに転向して2年目。

昨シーズンはデビューしたばかりで「焦り」があったが

今年はその反省を活かした結果、落ち着いた演技ができたのだという。

 

Sponsored Link

 

宇野昌磨がフィギュアスケートグランプリシリーズ2016初戦、アメリカ大会SPで1位スタート!

宇野昌磨の演技は本当に素晴らしく、海外からも評価が非常に高い。

また彼の成長のスピードを見て恐れているほどだ。

 

宇野昌磨は日本のメディアだけではなく海外メディアからも注目を浴びている存在になっている。

カナダのテレビ局では「宇野昌磨」の特集を組むなど大注目している。

そこでは、宇野昌磨のことを

 

「日本のジャンプの怪物」

 

として紹介していた。

また昨シーズンの活躍を見て、

「技術面のみならず、芸術性も進化を続けている」

と、彼の演技を評価していた。

 

フィギュアスケートグランプリシリーズ初戦のアメリカ大会SPで

宇野昌磨は1位スタートとなったが、

果たしてフリー(FS)でどんな結果になるのだろうか。

宇野昌磨の演技が非常に楽しみだ。

 

Sponsored Link

 

 

あなたにおすすめの記事