今年(2016年〜2017年)のガキ使の年末年越し特番は「科学研究所」が舞台!『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』



 

2016年の今年もまたこの時期がやってきた!

11月に入り、一気に冷え込むと、もう今年1年が終わってしまうような寂しい気持ちになる。

だが、年末の年越し番組の”アレ”を見ないと、1年が終わらないという人も多いことだろう。

そう、それが『ガキ使』だ。

紅白も大晦日の楽しみの1つだが、

『ガキ使』はまた違った楽しみがある。

そんなガキ使の2016年の今年はどんな設定で繰り広げられるのだろうか。

 

Sponsored Link

 

今年(2016年〜2017年)の『ガキ使』の年末年越し特番は「科学研究所」が舞台!

2016年の今年の『ガキ使』の撮影が11月上旬におこなわれた。

関東近郊の廃校になったある中学校2校を貸し切っての撮影。

『ガキ使』にスタッフの合計は400人にものぼるというから驚きだ。

それもそのはずで今年はエキストラが80人、

カメラの台数が昨年よりもなんと50台も増え、230台で撮影された。

 

そして、何と言っても気になるのが今年のテーマだ。

『ガキ使』の今年のテーマは「科学博士」

舞台は「科学研究所」という設定で繰り広げられる。

 

今年も板尾創路、蝶野正洋が登場する予定だ。

蝶野正洋は月亭方正との絡みが毎回おもしろい。

他にもイケメン俳優や、再ブレイクした芸人が登場するようだ。

誰が出て来るのかを予想するのも、『ガキ使』を見る楽しみの1つと言っても良いだろう。

今年はどんな予想外の人物が出て来るのだろうか。

要チェックだ。

 

そして今年のテーマの「科学博士」だが、

プロデューサーの大友有一氏はこう語っている。

今回は科学者という設定で色々な科学実験をモチーフにした仕掛けも数々行いました。それと、ドラマ班の協力も有り今回の刺客はとにかく豪華! プロデューサーとしてもロケをやっていてとても楽しかったです

 

プロデューサー自ら、楽しかったと豪語している。

我々、視聴者はなおさら期待せざるを得ないだろう。

 

また撮影終了後の松本人志は

相方の女装趣味にいつまで付き合わないといけないのかなと思いますけど、好きなんだからしょうがないですね。性癖は治らないなって思います。“科学的に”僕らのお尻は大丈夫かな…

 

と相方の浜ちゃんの女装趣味の性癖にあきれていた(笑)

 

Sponsored Link

 

2016年の今年は『絶対に笑ってはいけない科学博士24時!』、昨年以降のシリーズはこちらの動画で!

 

2016年〜2017年の『ガキ使』は『絶対に笑っていはいけない科学博士24時!』というテーマで放送される。

舞台は「ガースー黒光り科学研究所」

放送は大晦日の12月31日、午後6時30分〜翌午前0時30分。

 

毎年の恒例番組として若者を筆頭に視聴率も高い。

DVDになるほどだ。

昨年(2015年〜2016年)のガキ使の年末特番の内容を覚えているだろうか。

まだ見ていない、もう一度見てみたい、という方は以下の動画でチェックできる。

 

【動画】絶対に笑ってはいけない名探偵24時!(2015〜2016)

今年,2016,ガキ使,年末,年越し,特番,科学研究所,舞台,絶対に笑ってはいけない科学博士24時クリックすると動画が流れます

絶対に笑ってはいけないシリーズは本当に何度見てもおもしろい。

今年の『絶対に笑ってはいけない科学研究所24時!』が今から待ち遠しい。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)