ボージョレ・ヌーボーがついに解禁!今年(2016年)の出来栄えや味は?値段はいくら?

ボージョレ・ヌーボー,解禁,今年,2016年,出来栄え味,値段,いくら



 

毎年、11月頃になると”アレ”が解禁されるまでソワソワする人も多いことだろう。

そう、ワインのボージョレ・ヌーボーだ。

待ちに待ったであろうボージョレ・ヌーボーが11月17日に

いよいよ解禁した!

 

Sponsored Link

 

ボージョレ・ヌーボーがついに解禁!今年(2016年)の出来栄えや味は?

なぜあれほどまでに日本人はボージョレ・ヌーボーの解禁を楽しみにしているのかが

筆者には計り知れない。

ボージョレ・ヌーボーの解禁がここまで盛り上がるのは

日本人だけということを聞いたことがある。

 

ボージョレ・ヌーボーはフランスのワインの1つで、

ボージョレ(ボジョレー)地方で収穫されるぶどうからできたものだ。

もともとはその年に収穫されたぶどうで作ったワイン、

ボージョレ・ヌーボーの出来栄えをチェックするための品評会のような目的だった。

 

それが毎年、11月の第3木曜日を解禁日としておこなわれていたが

徐々にイベントとして販売戦略が拡大していき、

日本では一大イベントと化したのだ。

 

2016年の今年は11月17日が解禁日となった。

さて、今年のボージョレ・ヌーボーの出来栄えや味はどうなのだろうか。

 

一般的にワインは永年、熟成されたもののほうが価値があると言われているが

ボージョレ・ヌーボーは真逆だ。

その年に収穫されたぶどうを使っているため

極めてフレッシュだ。

その分、フルーティーでワインの割に飲みやすいと

普段、あまりワインやお酒自体を飲まない人からも受けが良いという特徴がある。

それも相まって、ボージョレ・ヌーボーは一大イベントになっているのだろう。

 

で、また話は戻るが今年のボージョレ・ヌーボーの味はというと・・・

 

 

エレガントな味

 

 

なのだとか。。。(笑)

 

なんだかよくわからないが

新酒の割には高級チックな味わいになっているということなのだろう。

 

筆者もまだ今年のボージョレ・ヌーボーは飲んでいないため、

確かなことは言えないのだが。。。

 

早速、明日にでも飲んでこようと思う。

ワインが苦手な方は、一度、ボージョレ・ヌーボーを飲んでみるといい。

ボージョレ・ヌーボーなら飲める。

かもしれない。

 

Sponsored Link

 

ボージョレ・ヌーボーの今年(2016年)の値段はいくら?

さて、2016年の今年のボージョレ・ヌーボーはエレガントな味わいなのだという。

ということは例年に比べて、値段も高いのか?

と思ってしまうが、今年のボージョレ・ヌーボーの値段はいくらなのだろうか?

 

 

安いものだと750mlで1000円前後で購入できる。

なかには3000円を超えるものもあるが、だいたい1本2000円前後のものが多い。

ボージョレ・ヌーボーと言っても1種類だけではないため

自分にあった味のワインを楽しむことができるのも醍醐味だ。

 

まだボージョレ・ヌーボーにチャレンジしたことがないというのなら

一度は体験しておくのも悪くはないのではないだろうか。

論評するのは、それからにしよう。

さぁ、ボージョレ・ヌーボーを飲みに行こう。

 

Sponsored Link

 

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)