三遊亭円歌の落語公演の動画|一門弟子は誰?「山のあな」ってなに?

三遊亭円歌,落語,公演,動画,一門,弟子,誰,山のあな



 

4月23日、三遊亭円歌が88歳でこの世を去った。

 

Sponsored Link

 

三遊亭円歌とは?

三遊亭円歌(さんゆうていえんか)。ただしくは三遊亭圓歌。

本名、中澤 信夫(なかざわ のぶお)だが、最近の資料では中澤 圓法(なかざわ えんぽう)と明記されていることがある。また死去した年齢が88歳や85歳と2通り言われているがこれには理由がある。

戦争時に戸籍謄本が消失し、後日、三遊亭円歌の親が役所に改めて提出しに行った際、間違えて提出したため年齢が88歳、85歳と報道されている。

 

三遊亭円歌はの出身は東京都墨田区向島。学生時代は現在の岩倉高等学校である岩倉鉄道学校に入学した。

卒業後は当時の国鉄に入社し、山手線新大久保駅で駅員を務めていた経歴がある。そしてちょうど終戦を迎えた1945年8月に国鉄を退職。翌月の9月に落語界に入門した。

入門当時は2代目三遊亭円歌に弟子入りし、3代目を受け継いでいた。

昨今の流行りの3代目だ。。。

そんな3代目三遊亭円歌の落語公演中の動画を探してみた。

 

【動画】三遊亭円歌の落語公演

三遊亭円歌の落語公演の動画を見つけたので紹介しよう。

優しそうな口調だが、さすが落語家。頭のキレが良いことは当然で、ズバッと鋭いことを言うところが聞いていて心地良い。落語自体を聞いたことがない人が最近は増えているが、現在の若手漫才師に比べたらよっぽどおもしろいのは言うまでもない。(もちろん、おもしろい若手漫才師もたくさんいる)

三遊亭円歌の動画や音声はほかにもたくさん公開されているのでぜひ見て、聞いていただきたい。

 

Sponsored Link

 

三遊亭円歌の一門弟子は誰?

三遊亭円歌の一門弟子は誰なのだろうか?三遊亭とつくとぱっと思いつくのは『笑点』でもおなじみの腹黒キャラ、三遊亭円楽だろう。また三遊亭小遊三もいるが。

 

三遊亭円歌の弟子

7代目三升家小勝

3代目三遊亭歌奴

4代目三遊亭歌笑

三遊亭歌司

三遊亭小歌

三遊亭歌之介

三遊亭歌る多

三遊亭若圓歌

三遊亭歌雀

三遊亭歌武蔵

三遊亭多歌介

3代目三遊亭歌橘

4代目三遊亭歌奴

三遊亭鬼丸

三遊亭小円歌

大瀬ゆめじ・うたじ

三遊亭歌扇

 

三遊亭円歌は数多くの弟子を抱えていたようだが、三遊亭円歌よりも先にこの世を去った方もいるようだ。

 

三遊亭円歌の「山のあな」ってなに?

三遊亭円歌と言えば、『授業中』という演目があるが、これが別名「山のあな」と呼ばれていた。演目中に「山のあな、あな」と言っているのが印象的でそう呼ばれているようだ。

「山のあな」と呼ばれる三遊亭円歌の落語の音声を最後に聞くとしよう。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)