ミサイル50発が日本に飛んでくる!?北朝鮮は軍創設85周年に核実験を強行か?

ミサイル50発,日本,北朝鮮,軍創設,85年,核実験,強行



 

昨夜、ネット上でミサイル50発が日本に向けて発射され飛んでくるというデマのような情報が飛び交った。昨夜の時点では朝の5時に飛んでくるという情報だったが、現時点でその時刻は過ぎているが・・・

あの情報はなんだったのだろうか?

 

Sponsored Link

 

ミサイル50発が日本に飛んでくる!?

24日夜、北朝鮮がミサイル50発を発射するという噓か真かわからない情報がネット上を飛び交った。いつものことだから心配する必要ない、と考える人や会社や学校に直撃・・・なんてことを考える人もいたようだが、どちらも危険な考えだろう。最悪の事態を想定することも必要な時が迫っていることは言うまでもない。

ミサイル50発が発射された場合、平和ボケしている日本は騒然とすることは間違いないだろう。

現在のところ、ミサイル50発がそうそうすぐには飛んでくる心配はいらないかもしれないが、核実験を繰り返している北朝鮮のことだ。可能性としては十分にありえるだろう。

ミサイルや北朝鮮という言葉に敏感に反応することは良いが、あくまでもパニックにならないようにしっかりと確かな情報を見極めて判断できるようにしたいところだ。

でもなぜミサイル50発という情報が拡散したのだろうか?

 

Sponsored Link

 

北朝鮮が軍創設85周年で核実験を強行?

4月25日の今日、北朝鮮は軍創設85年を迎える。北朝鮮と言えば、こうした記念には盛大なパレードを繰り広げているイメージがある。今回も当然おこなうだろう。こうした気持ちが高ぶる時期や北朝鮮のトップが国民に威厳を示せるときでもある。

威厳を示すためにミサイルを発射したり、なにかしらの核実験をおこなう可能性は少なくとも考えられるのではないだろうか。(あくまでも推測だが)

北朝鮮関連のニュースを見ない日はないほど核実験、戦争の話題が耳に入っている気がする。

 

ミサイル50発,日本,北朝鮮,軍創設,85年,核実験,強行

 

実際に北朝鮮側は「我々は米国が望むどんな戦争方式にも対応する無敵の力がある」と、かなり強気の姿勢を見せている。さらには「アジア太平洋地域の米軍基地と米国本土に対する核攻撃手段は発射待機状態にある」とも述べている。

日本、アメリカ、中国は北朝鮮に対して自制するよう求めているが、軍創設85年ということもあり6度目の核実験で弾道ミサイル発射を強行する可能性があるとも言われている。

北朝鮮の隣国、韓国では国防省が「差し迫った動きは見られない」とは言うものの、「アメリカ軍と韓国軍は、万全の態勢を整えている」と強調していた。

しかし、米軍が北朝鮮を攻撃すれば、北朝鮮は米軍基地を攻撃してくることは想像に容易い。日本には米軍基地がいくつかあるため当然狙われることになるだろう。つまり、日本の土地が攻撃されるということだ。一般市民も巻き添えになることも十分に考えられる。

今後もしっかりと北朝鮮関連のニュースには目を向けておく必要はありそうだ。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)