オリックス・中島に鉄パイプが落下!直撃は免れたものの京セラドームは一時騒然・・・

オリックス,中島,鉄パイプ,落下,直撃,京セラドーム



 

Sponsored Link

 

オリックス・中島に鉄パイプが落下!直撃は免れたものの京セラドームは一時騒然・・・

7月9日(日)、京セラドームで練習中のナカジことオリックスの中島に鉄パイプが落下するという事故が起こった!この日はロッテ戦で日曜日ということもありデーゲームのため、午前中から試合前練習が行われていた。

中島はトレーナーともに外野のセンター付近でストレッチを行っていたところ、上から

 

ガランガラン

 

という音ともに鉄パイプは落ちてきたのだ!

トレーナーが慌てて中島をその場からどかすも、中島の腰付近に鉄パイプがあたった。すぐさま「担架!」と要請したが、中島は自分の足で歩き、そのまま病院へ直行した。

鉄パイプは5階の高さにある看板の設置中に落ちてきた。長さは2メートル、重さは6キロほどあり、近くにいたトレーナーのとっさの判断で直撃は避けられたが、一時現場は騒然となった。

万が一、鉄パイプが中島に直撃でもしていたらと考えると、ゾッとする。

 

鉄パイプは中島以外にも誰にも直撃することはなく、一度地面に落下し、跳ね返りが中島の腰付近に当たった。

近くに居合わせた別府コーチは上を見上げた瞬間のことを振り返りこうコメントした。

気付いたらパイプが目の前に迫っていた。上から落ちてくるなんて思ってもみない。

 

恐怖が脳裏に焼き付いてしまうことだろう。

落とすほうに責任はあるが、作業現場の下や近くには近づかないようにしたいところだ。

なによりも中島が無事であることを願っている。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)