【画像】しくじり先生に登場の住谷杏奈の旦那はあのレイザーラモンHG!子供が2人いるとは思えない過激グラビアに夫も困惑

画像,住谷杏奈,旦那,レイザーラモンHG,子供,2人,過激,グラビア,夫



 

7月16日(日)、『しくじり先生』に芸人のレイザーラモンHGとその妻でタレントや実業家として活躍している住谷杏奈が夫婦揃って出演した。

2人はなにをしくじったのだろうか?美男美女カップルなだけにしくじった内容が気になるところだ。

 

Sponsored Link

 

『しくじり先生』にレイザーラモンHGと住谷杏奈が夫婦で出演!

2001年に吉本新喜劇に入団したレイザーラモンHGこと住谷正樹(すみたにまさき)は2002年頃からハードゲイのキャラを演じてきた。2005年に『爆笑問題のバク天!!』にハードゲイのキャラで出演し、そこから一躍、全国区にハードゲイが広まった。

翌年の2006年に当時、モデルやグラビアをしていた鈴木杏奈と結婚した。鈴木杏奈は結婚後、芸能活動を引退した。だが6年後、芸能活動を再活動させた。このとき名前を住谷杏奈として活動を再開させた。

レイザーラモンHGと結婚してからの6年間はファッションやコスメのブランドを2社立ち上げる実業家として活躍していた。当時は年収が1億円を超えていたという。現在は年商6億円もあるのだとか。

だが、住谷杏奈は事業に失敗したこともある。それによりすべての貯金を使い果たしたとんでもない「しくじり」をしていたのだ。

 

これをきっかけに妻の住谷杏奈は夫のレイザーラモンHGがどんな思いでお金を稼いできていたのかという思いに触れることができたようだ。

結婚当初はレイザーラモンHGが全国的に有名になり月収1200万円のときもあり、家では超亭主関白だったそうだ。だが、次第に人気に陰りが出始めた。一方でプロレスへ挑戦するなど精力的に活動をしてきていたものの、怪我をし、約8ヶ月間ほど活動を自粛せざるを得なくなった時期があった。このとき、月収は7000円だったという。7000万円ではない。わずか7000円なのだ。

その間、妻の住谷杏奈が実業家として成功させていたため、妻の収入で生計をたてていたことを明かしている。

 

結婚当初、超亭主関白だった稼ぎ頭はいつしか逆転現象が起こっていた。「稼いでいるほうが偉い」そんな空気が住谷夫妻に漂っていたようだ。

 

そんなときに住谷杏奈は事業に失敗したのだ。痛い目、つまり「しくじり」に合ったことで、本物の愛を確認できたのだろうか。現在は仲の良い夫婦だということは言うまでもないが、しくじりが合ったからこそ、良い夫婦関係が築けているのは確かだ。

 

Sponsored Link

 

【画像】住谷杏奈の子供が2人いるとは思えない過激グラビアに夫のレイザーラモンHGも困惑!?

レイザーラモンHGがと住谷杏奈夫妻には実は子供が2人いるのだ。9歳になる息子と5歳の娘がそれぞれいる。彼女のブログなどでも子供たちの元気な姿の写真画像が公開されている。

画像,しくじり先生,住谷杏奈,旦那,レイザーラモンHG,子供,グラビア,夫

子供の顔の画像を全公開しているわけではないが、後ろ姿の画像や目隠しを入れている画像は多く掲載されている。目元を見れば住谷夫妻に似ていることがわかるだろう。

 

現在34歳の住谷杏奈だが、元グラビアアイドルとして活動していたこともあるだけに、子供2人を出産後も抜群のプロポーションで『週刊プレイボーイ』の袋とじに登場した。

画像,しくじり先生,住谷杏奈,旦那,レイザーラモンHG,子供,2人,過激,グラビア,夫 画像,しくじり先生,住谷杏奈,旦那,レイザーラモンHG,子供,2人,過激,グラビア 画像,しくじり先生,住谷杏奈,嫁,旦那,レイザーラモンHG,子供,2人,過激,グラビア

 

かなりキュートでセクシーだ。まだ34歳の住谷杏奈。出産して子供が2人いるとはいえ、このスタイルを全国民に披露した嫁に旦那のレイザーラモンHGは

脱ぎ過ぎじゃない?

と世間に嫁の妖艶な姿を見られてほしくないようだった。

 

妖艶な容姿を併せ持つ住谷杏奈は実業家でもあり、夫思い、子供思いでもある素晴らしい人物だ。夫婦揃ってまたさらに活躍されることを願っている。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)