【動画】京口紘人(きょうぐちひろと)とホセ・アルグメドの世界戦の結果は!?兄の京口竜人は事件を起こしていた!?

動画,京口紘人,きょうぐちひろと,ホセ・アルグメド,世界戦,結果,兄,京口竜人,事件



 

7月23日(日)、世界タイトルマッチに挑んだ京口紘人(きょうぐちひろと)が世界チャンピオンのホセ・アルグメドと対戦した。

 

Sponsored Link

 

【動画】京口紘人(きょうぐちひろと)とホセ・アルグメドの世界戦の結果は!?

プロデビューから1年3ヶ月と6日という史上最短の速さで世界タイトルマッチに挑戦した京口紘人(きょうぐちひろと)。世界チャンピオンのホセ・アルグメドとの試合結果を早速動画でご覧いただこう!

 

【動画】京口紘人 vs ホセ・アルグメド

 

第9ラウンドに京口紘人がホセ・アルグメドに対して有効打を放ち、アルグメドは大ダメージを受けていた。そのラウンドであと少しでダウンを奪うことができたのだが、そこは世界チャンピオンの意地でなんとか踏ん張っていた。それ以降のラウンドもチャンピオンは意地と気力でパンチを放ってきた。普通なら精神的にダメージを受け、京口が一方的に攻めてもおかしくはなかったがチャンピオンのプライドというものか。決定的な有効打をもらうこともなく最終ラウンドまで戦い抜いた。

おなじく京口紘人も初の世界タイトルマッチで壮絶な試合を戦い抜いたことは今後の糧になるだろう。しかもプロデビューから1年3ヶ月と6日という史上最短で世界チャンピオンに輝いた。

試合結果は3−0の判定勝ちとはなったが、この試合で「人生を変える」と意気込んでいた京口は勝利が確定した瞬間を涙を浮かべていた。

 

Sponsored Link

 

京口紘人の兄の京口竜人は事件を起こしていた!?

京口紘人には実は兄がいる。兄がボクシングをしているのを見て、弟の紘人もボクシングを始めたようだ。大阪の帝拳ジムに所属していた兄の京口竜人は将来有望と噂されていた。同じく帝拳ジムの辰吉丈一郎からも教えを受け、兄は『辰吉2世』とも言われるほどだった。

だがある日、友人らとバーベキューをしていた時、隣のグループにいた20代の男性とトラブルになり、相手の男性の下あごを2回殴り、骨折させてしまった。ボクサーの拳は凶器とも言われるため、ボクシング以外では絶対には殴ってはいけない。そのため兄の京口竜人は1年間のライセンス停止処分が下された。

その後、心機一転し、帝拳ジムからグリーンツダボクシングクラブへ移籍した。だが、その矢先、飲酒運転を犯してしまった。そのとき接触事故を起こし、相手のドライバーが首を捻挫するという事故になった。

弟の京口紘人は直接は関係ないが、血縁関係である兄の不祥事には自らこうコメントした。

先日は、兄が不祥事を犯したことを改めて謝罪したいと思います。周りからは兄貴は兄貴。弟は弟。だから試合に集中して頑張って。と連絡もいただき、改めて周りの支えに感謝しています。必ず世界チャンピオンになりますので、恐縮ですが応援よろしくお願いします。

 

兄の不祥事・事件とはなにも関係のない弟の京口紘人だが、兄の思いも胸に秘め、世界タイトルマッチに挑んでいたことだろう。勝利した瞬間の涙には様々な思いが含まれていたに違いない。

計り知れない思いが彼にはあったことだろう。今後は防衛戦が待っている。何度防衛できるか、京口紘人がどこまで強くなるのか、見ものだ。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)