【動画】2017年、夏の高校野球 大阪大会の準決勝の結果|公立高校の大冠高校が上宮を破り初の決勝進出!

2017,夏,高校野球,準決勝,大阪大会,結果,公立高校,大冠,上宮,初,決勝



 

Sponsored Link

 

2017年、夏の高校野球 大阪大会の準決勝の結果は!?

全国で甲子園行きへの切符をかけた戦いが繰り広げられるなか、大阪大会は7月29日のこの日、準決勝の2試合が繰り広げられた。

ベスト4には大冠、上宮、履正社、大阪桐蔭が残っている。大冠高校は唯一の公立高校で、2年ぶりのベスト4入りを果たしていた。

記憶に新しいが、今年の春に行われた選抜甲子園の決勝は大阪同士の対決だった。今大会でもベスト4入りを決めている履正社と大阪桐蔭だ。

甲子園は地元、大阪同士の対決ということもあり、観客は超満員となっていた。試合の結果は言うまでもないが、大阪桐蔭が履正社を破り選抜大会を制した。

8回裏には履正社が3−3と同点に追いついたものの、9回表の大阪桐蔭の攻撃で一気に5点を奪い、8−3で大阪桐蔭が勝利した。

 

夏の今大会は大阪大会の準決勝で大阪桐蔭と履正社が対決することなった。春の選抜での甲子園決勝戦が大阪大会準決勝で見られるというのはファンにとっては見ものだ。

大阪桐蔭と履正社は現在、5回を終えて、3−3と同点のまま試合が進んでいる。

 

一方、公立の星、大冠高校は2年ぶりのベスト4進出。さらには勝てば初の決勝進出となる。大冠 対 上宮の試合結果はどうなったのだろうか?

 

Sponsored Link

 

【動画】公立高校の大冠高校が上宮を破り初の決勝進出!

公立の星、大冠高校が上宮を3−1で制し、見事に勝利した!これで大冠は初の決勝進出を決めた!3回戦では東海大仰星、5回戦では大阪偕星を破ってきた。準々決勝では春日丘と公立校同士の対決となったが、無難に勝ち進めた。

ここで大冠と上宮の試合をハイライト動画でご覧いただこう。

 

2017大阪大会 準決勝 大冠-上宮のハイライト動画

 

激戦区の大阪で公立高校が優勝したのは今から19年前の1998年、桜塚高校が最後だ。大冠高校が明日の決勝戦で勝てば、大阪では19年ぶりの公立校の優勝。そして大冠は初の優勝ということになる。

 

決勝はあす、舞洲の大阪シティ信用金庫スタジアムで13時から試合開始予定だ。

大冠と決勝で対戦するのは、履正社か大阪桐蔭か。明日の決勝戦が楽しみだ。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)