【動画】羽生結弦のオータムクラシック2017FS(フリースケーティング)演技の得点と結果は⁈まさかの失速⁈

動画,羽生結弦,オータムクラシック,2017,FS,フリー,演技,得点,結果



 

日本時間の9月23日から羽生結弦の2017-2018シーズンの初戦が始まった。羽生が初戦の舞台に選んだのはカナダのモントリオールで開催されるオータムクラシック2017だった。ショートプログラムでは圧巻の演技を披露し、会場中が拍手喝采の嵐だった。誰も口を揃えるかのような完璧な演技に、羽生結弦本人も演技終了後、「うんうんうん」と自分の演技に納得いっていた表情を浮かべていた。

そして24日の今日、羽生は優勝を目指し、そしてフリーでも世界歴代最高得点を叩き出すことができるのか、注目が集まった。

 

Sponsored Link

 

【動画】羽生結弦のオータムクラシック2017FS(フリースケーティング)演技

羽生結弦が2017年の初戦に選んだのはカナダのモントリオールで開催されるオータムクラシック2017だった。初日のショートプログラムでは自身の持つショートプログラム世界歴代最高得点を更新する112・72点をマークし、2位のハビエル・フェルナンデスと10点差以上もつけての首位スタートとなった。

この幸先良いスタートに、羽生結弦のファンも胸に期待を踊らせたことだろう。また結弦がショートとフリーの合計で世界歴代最高得点を叩き出すかもしれない。そんな淡い期待を込めて、さきほど終わったばかりの羽生結弦の2017年初戦のフリーの演技を動画で見てみよう。

 

【動画】羽生結弦のオータムクラシック2017 フリー演技前の6分間練習

まずは調子はどうか?6分間練習の動画から。

 

Sponsored Link

 

【動画】羽生結弦のオータムクラシック2017 FS(フリースケーティング)の演技

では本番のオータムクラシック2017、羽生結弦のフリーの演技をご覧いただこう。

昨日の羽生結弦はどこへいった?と言わざるを得ないフリーの演技だった。ほぼ完璧だったショートでジャンプは最高点の加点を複数叩き出していたが、フリーのこの日はまったく別人かのように見えた。

冒頭のジャンプが

 

“鬼門”

 

と、自ら言っていることもあり、それが見事にあたってしまった。

 

鬼門の冒頭のジャンプは予定では3回転ルッツだったが、まさかの1回転に・・・これがきっかけで羽生の頭の中は状況を打破するためにいろいろな雑念が浮かんできていたという。

右膝の違和感もあり、封印すると決めていた4回転ループを予定にはなかったが、飛ぼうかと考えていたようだ。だがさすがにそれは危険だと判断し、3回転ループを飛んでいた。

また3連続ジャンプを構成に入れていたが、その最初のジャンプは4回転で始まる予定だった。しかし、2回転になってしまったのだ。

続けて1回転ー2回転とジャンプで立て直すことができず、そのままずるずると演技が続いていった。

羽生が得意な3回転半のトリプルアクセルではまさかの転倒・・・そして最後に意地で4回転トーループを飛んでみたもの、回転不足と判定された。

 

Sponsored Link

 

羽生結弦の初戦、オータムクラシック2017フリーの得点と合計得点の結果は⁈まさかの失速⁈

昨日のショートプログラムで世界歴代最高得点の112・72点を出した羽生結弦。普通に行けば、優勝だろうと誰も考えていたのだが・・・

果たして羽生のフリーの得点とショートとフリーの合計得点はどうなったのだろうか?また、順位結果はどのようになったのだろうか?

ショートプログラム1位 羽生結弦のフリーの得点は155・52点

ショートとフリーの合計得点は268・24点

ショートプログラム2位 ハビエル・フェルナンデスのフリー得点は177・87点

ショートとフリーの合計得点は279・07点

 

ショートとフリーの合計で羽生はまさかの逆転負けという結果に。ハビエル・フェルナンデスが優勝を飾った。

まさかまさかの羽生結弦の失速に、驚きを隠せなかった。だが、あれだけジャンプでミスを連発したにもかかわらずフリーの得点が150点台もあるのは「さすが」の一言に尽きる。

それでもやはり相当悔しかったのは確かだ。演技終了後は膝に手をつき悔しそうな表情を浮かべた。また表彰台でも喜びの表情には感じられなかった。

 

2017-2018シーズンはまだ始まったばかりだ。今回のオータムクラシック2017のフリーの結果は残念だったが、それでもショートではいままでとはさらに別次元のレベルにまで成長した羽生の姿を披露してくれた。

良いときはとことん良く、悪い時はとことんダメ。そんな羽生を見ると、まだ若い人間なんだなと、実感することができる。

勝負ごとにおいてはそんな悠長なことを言ってられないが、初戦でこれだけ振り幅のあるショートとフリーの演技ができたことは羽生結弦にとっても良かったのではないだろうか。

彼はまだまださらに成長するだろう。これからがまた楽しみになった。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事