【動画】大相撲秋場所|一人横綱の日馬富士が豪栄道を相手に本割、優勝決定戦に勝利し逆転優勝!日馬富士の優勝インタビューも!

動画,大相撲,秋場所,一人横綱,日馬富士,豪栄道,本割,優勝決定戦,逆転優勝,優勝インタビュー



 

2017年9月の大相撲秋場所は波乱のスタートを切った。現在、横綱は白鳳関、日馬富士関、鶴竜関、稀勢の里関の4人いるが、日馬富士関以外の3横綱は怪我などを理由に秋場所を休場していた。また3日目からは大関の高安、6日目からは照ノ富士も休場していた。残された日馬富士関は前半で3連敗を喫し、万事休すかと思われたが・・・

そこからの怒涛の追い上げに大相撲ファンは目を奪われた。

 

Sponsored Link

 

【動画】大相撲秋場所|一人横綱の日馬富士が豪栄道を破り逆転優勝!

大相撲秋場所、4横綱のうちただ1人、怪我をしながらも意地で最後まで出場し続けた日馬富士。千秋楽は11勝3敗の豪栄道。日馬富士はこのとき10勝4敗のため、この一番は必ず勝たなくてはならない。かたや豪栄道はこの一番で日馬富士に勝てば優勝という大一番だ。

まずはその日馬富士と豪栄道の千秋楽の様子を動画でご覧いただこう。

 

【動画】大相撲秋場所2017 千秋楽 日馬富士 対 豪栄道

豪栄道の母親も見守る中、大相撲秋場所の最後の取り組み、本割が行われた。低い姿勢で入った日馬富士だが豪栄道は下がらなかったが、やはり日馬富士は強かった。最後は豪栄道を寄り切って本割は日馬富士に軍配が上がった。

そのため秋場所は優勝決定戦にまで持ち越されることとなった。

 

本割とは

大相撲でいうわり取組のこと。 また取組を書いた紙も(正式には割紙、または幕内、十両だけのもの「小」「顔ぶれ」とも呼ぶ)。 相星同士の力士の間で、優勝決定戦は割は組まれるものの、正式な取組とされない。 あくまでも場所の取組に限ることで、「」とは本割の略称ともいえる。

Wikipediaより参照

 

Sponsored Link

 

【動画】大相撲秋場所2017 優勝決定戦 日馬富士 対 豪栄道

本割で日馬富士が豪栄道に勝利し、両者11勝4敗と並んだため、優勝決定戦に持ち越された一戦。さきほどの本割では日馬富士が寄り切ったが、優勝決定戦では豪栄道が制すか。はたまた日馬富士が横綱の力を見せつけるか。

勝負の行方は意外にも早かった。その様子も下記の動画でご覧いただくことができる。

またしても日馬富士が豪栄道を寄り切りで制した。これで日馬富士は9回目の優勝。しかしただの優勝ではない。

横綱4人のうち3人が秋場所の初日から休場し、日馬富士自身の身体もボロボロになりながら、満身創痍、全身全霊で戦い抜き優勝したということは多くのファンを魅了した。

11勝4敗という成績は決して誇れるものではないが、そうした背景を考えると、「よくぞ頑張ってくれた、日馬富士!」とそんな声をかけたくなる。

これこそ、真の横綱の姿ではないだろうか。

 

日馬富士、優勝おめでとう!!!

 

Sponsored Link

 

日馬富士の優勝インタビューも!

優勝を決めた日馬富士関の優勝インタビューでは会場を笑いに包んだシーンがあった。

 

こちらは日馬富士関の優勝インタビュー全文

-7場所ぶり9回目の優勝

 「素直にうれしいです」

-本割について

 「今日の一番に命をかけて、全身全霊で臨もうと思って相撲を取りました」

-支度部屋で十両・照強と立ち合いを確認して決定戦に臨んだ狙いは

 「照強をTVに出してやろうかなと」

-決定戦を振り返って

 「悔いのない相撲を取りたいと、気合いを入れて一所懸命取りました」

-3横綱2大関が休場した秋場所の心境は

 「初めての経験なので、心技体が合わなくて、自分の相撲をなかなか取ることができなかった。ただ前を見て明日を信じて、一日一日を積み重ねて相撲を取りました」

-3日目から3連敗して、弱気になったことは

 「下がる場所がないので前を見て一生懸命頑張りました」

-終盤になって逆転優勝の目が出てきた

 「余計なことを考えずに一番一番に集中した。結果は後からついてくると、先のことは考えずに集中して相撲を取りました」

-一人横綱として出場した15日間を振り返って

 「いい結果で終わって本当に良かった」

-横綱、大関陣が帰ってくる11月の名古屋場所への意気込みを

 「相撲取りは毎日精進して、毎日が稽古なので来場所へ向けて一日一日努力して頑張っていきます」

 

優勝決定戦に挑む前、同じ部屋の十両の照強(てるつよし)関と立ち合いを確認したことを聞かれた日馬富士関の返答がなんとも面白いが、それは横綱らしい、仲間を思う心遣いなのではないだろうか。

また、直後のオープンカーに乗っての優勝パレードでは、日馬富士関の隣に惜しくも十両優勝とはならなかったが安美錦関を同乗させ旗手を努めさせていた。

こういった心遣いができる横綱が優勝してくれたことは本当に良かった。

 

来場所は3横綱が出場する可能性が高いため、日馬富士の2場所連続優勝はさらに険しい道となるかもしれないが、心優しい横綱にはこれからも頑張ってもらいたいものだ。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)