LINE(ライン)でメッセージの取り消しが可能に!12月のいつから開始?誤爆・誤送信を防げるか!?削除方法や条件は?

LINE,ライン,メッセージ,取り消し,可能,12月,いつから,開始,誤爆,防ぐ,削除方法,条件



 

LINE(ライン)がついにメッセージの取り消しを可能にすると発表した。来月の12月から開始を予定しているが果たしてこれで誤爆、誤送信を防ぐ事ができるのだろうか?またメッセージの取り消し、削除方法はどのようにするのだろうか?条件もまたあるらしい。その条件とは!?

 

LINE(ライン)でメッセージの取り消しが可能に!これで誤爆・誤送信を防げるか!?

スマホ所有者のほとんどが使用していると言っても過言ではない今やメールの代わりになったLINE(ライン)のメッセージ機能。文字だけではなく豊富な絵文字や有料無料のスタンプまでたくさんあるため、飽きることなくLINEを続けることができる。

そんなLINEがついにメッセージの取り消し機能を追加することを発表した。もちろん今までも送ったメッセージを削除することはできた。だが、メッセージを削除するといっても、送信側のみのLINE画面から削除できただけで、受信側のLINE画面には送信者の履歴が残った状態だった。

これではメッセージの削除機能の意味がない。ただし、浮気や不倫、一線を越えるような内容のメッセージのやりとりをしている場合、自分のスマホを見られた時のためにはこれまでの削除機能も有効だったのかもしれない。

また、仕事での重要な内容のやりとりなどにも削除機能は有効だ。だが、そもそもそんな内容をLINEでやり取りするというのも理解し難いが・・・

しかし送った相手(受信側)に間違えて送ってしまった場合はどうしようもなかった。ただただ送信する際に気をつけるしかない、といったことしかできなかった。いわゆる誤爆、誤送信をしてしまった場合は防ぐことができなかったのだ。それが、来月の12月から送った相手(受信側)のLINE画面からもメッセージを送信者が削除すれば取り消しを可能にすると発表したのだ。

これでLINEの誤爆、誤送信は防ぐことができるだろうか!?

今ではLINEの誤爆、誤送信はネット上ではネタとして取り上げられることも多く、第3者からすれば面白い内容ばかりだったが、それも見られなくなるのかもしれないと思うと、少々寂しい気持ちにもなる。

 

削除方法や条件は?

新しく追加されるメッセージの削除機能の削除方法はどうすれば良いのだろうか?

と、調査してみたがまだ公式には発表されておらず、ただ削除機能が追加されると発表があるのみ。12月頃に機能が追加されるということなので追加され次第、確認するしか今のところ方法がないようだ。

だが今のところわかっていることは24時間以内なら削除が可能ということだ。

おそらく今までのメッセージ削除の方法と変わりないだろう。今までは送信側のトーク履歴のみ削除できたが、その機能がなくなり、送信側と受信側の両方のトーク履歴からメッセージが削除されると予想される。

仮に、今までの送信側のみのトーク履歴から削除できる方法が残るとすれば、どうやって使い分けるのだろうか?自分がどちらの方法で削除したかわからなくなるのがオチだろう。ということはこれまでのメッセージ削除機能がなくなり、新しく送信側と受信側のトーク履歴から削除される機能のみになるはずだ。要するにメッセージ削除機能のアップデートということになるのだろう。

 

Sponsored Link

 

12月のいつから開始?

LINEの新しいメッセージ取り消し機能はいつから追加され実際に使えるようになるのだろうかと気になるところだが、LINE株式会社は12月に実装することは明かしたものの、詳細についてはまだ明かしていない。

ある調査によるとLINEで誤爆したことがある人が実に85%もいるというのだ。あなたは誤爆の経験があるだろうか?筆者は何度が誤爆をしたことがある。だが、それほど大したことではなかったため難を逃れたが・・・

また、誤爆をされたこともある。意味のわからない内容のメッセージを送ってこられると「?」しか出てこないが、瞬時に誤爆だとわかることもある。こっちから返信しないと誤爆だと気づかないケースもあった。そういう時は新たなメッセージ取り消し機能が追加されてももはや意味をなさないが・・・

LINEは気軽にメッセージを打てる反面、あまり確認せずに送信ボタンを押してしまう。また、メッセージ作成途中で指が送信ボタンに触れて誤爆してしまうことも。

そういったときにはこのメッセージ取り消し機能は多いに役立つだろう。

12月の正式追加が今から待ち遠しい!かも?

 

通知機能はどうなる?

LINEのメッセージが削除される機能はありがたいのだが気になる点がある。

それは「通知機能はどうなるのだろうか?」ということだ。

常にLINEの通知をOFFにしている人もいるかもしれないが、相手からLINEが届いたら通知ONの設定にしている人がほとんどだろう。通知の設定も3パターンほどある。

  1. スマホのロック画面に表示される方法
  2. 履歴に表示される方法
  3. バナーとして表示される方法

以上の3つがある。なお、これはiPhoneの場合だ。

厳密に言えば、他にも設定方法があるのだが・・・以下がその画像だ。

LINE,ライン,メッセージ,取り消し,可能,削除,方法,条件,誤爆,誤送信.jpg

 

「通知を許可」をONにしていると当然に相手からのLINEの通知が来る。

「サウンド」はマナーモードを解除しているとき、音を鳴らすかどうかの設定ができる。

「Appアイコンにバッジを表示」はホーム画面に表示されているLINEの右上に赤の背景に白文字で数字が表示されるように設定ができる。

LINE,ライン,メッセージ,取り消し,可能,削除,方法,条件,誤爆

 

LINEには上記のような通知の設定方法があるが、メッセージを取り消しできる削除機能が追加されると、この通知はどのようにして表示されるのだろうか?

なかでも

  1. スマホのロック画面に表示される方法
  2. 履歴に表示される方法
  3. バナーとして表示される方法

この3つの設定のうちどれかひとつでも相手側がONにしている場合でも、読まれたくないメッセージを送ってしまったとき24時間以内に削除すれば相手に読まれることがないというのだろうか?

 

メッセージの削除をしても

  • スマホのロック中の画面に表示されていたメッセージが削除される?
  • 履歴からも削除される?
  • バナーに表示されていたメッセージも消える?



この疑問点が残ってくる。たとえ全文が表示されてなかったとしても、メッセージを送る相手を間違え、それがしかも読まれたくない内容のメッセージだったとしたら、既読にされなくて済むかもしれないが、メッセージの冒頭部分が読まれるのではないだろうか?という心配がある。

また、このことを逆手にとって、24時間以内に削除すれば相手のトーク履歴からも削除できるということなので、嫌がらせやイジメが起こらないだろうか?という心配もある。

嫌がらせの内容のメッセージを「送った、送っていない」という論争が巻き起こることも懸念されるだろう。

万が一、自分がそういった嫌がらせをされたときはすかさず”スクリーンショット”を撮るように心掛けておくことも大事だろう。

 

12月以降でLINEのメッセージの削除機能が追加されることによって、誤爆や誤送信がなくなるだろうと思われる反面、また新たな面で問題が起こってくるだろう。

そうしたときにLINEは次にどんな対策を取るのだろうか?

だがまずは12月の正式発表を待つことにしよう。

 

Sponsored Link

 

LINE誤爆の経験談を大募集!

LINE株式会社ではLINEのメッセージ取り消し機能の追加にともなって、『誤爆や誤送信した経験』を11月16日から24日にかけて大募集している。

#LINE 誤爆 Black FRIDAY』というものだ。

応募方法はTwitterやLINEのタイムラインに投稿するだけ。ハッシュタグ「#LINE誤爆」をつけて誤爆、誤送信したメッセージ内容の画像や文章を投稿しよう。

『Best of #LINE誤爆』には特製のブラックボックス』がもらえるようなので、ぜひとも奮って参加してみたいところだ。

まぁ、誤爆がないのが一番良いのだが・・・(笑)

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)