【動画】宇野昌磨のグランプリシリーズ、フランス大会のショート・フリーの演技結果は2位!

動画,宇野昌磨,グランプリシリーズ,フランス大会,ショート,フリー,演技,結果,2位



 

11月18、19日にフィギュアスケート2017-2018シーズンのグランプリシリーズ第5戦がフランスで行われた。

男子の日本人選手の出場者は宇野昌磨のみ。

宇野昌磨はグランプリシリーズ初戦にカナダ大会を選んだ。そこで宇野はショート1位、フリーでも1位で合計得点301・10点で見事に優勝を飾っていた。

2戦目となるグランプリシリーズの舞台に選んだのはフランス大会。ここでも宇野昌磨の持ち味を思う存分に発揮したが・・・

 

【動画】宇野昌磨のグランプリシリーズ、フランス大会のショート・フリーの演技

10月、11月の毎週末にはフィギュアスケートが行われているが、その熱気は毎年加速しているように感じる。近年荒川静香、織田信成、高橋大輔、安藤美姫、浅田真央や羽生結弦らの活躍もあり、後押しをしたからもあるだろう。それを見た子どもたちが成長し次々と世界の舞台へと羽ばたいている。

宇野昌磨もその1人だ。

宇野昌磨は1997年12月17日生まれで現在はまだ19歳と若いがいつも思うのが堂々とした演技を見せてくれる。それだけではなく、インタビューなどでも受け答えがすごくしっかりしている印象だ。

年齢的にはまだ20歳にも満たない選手が羽生結弦と肩を並べるのではないかと思われるほど、ぐんぐんと急成長しているのだ。

そんな彼の2017-2018シーズンのグランプリシリーズ、フランス大会のショートとフリーの演技を動画でご覧いただこう。

 

【動画】宇野昌磨のグランプリシリーズ、フランス大会のショートの演技

 

【動画】宇野昌磨のグランプリシリーズ、フランス大会のフリーの演技

 

Sponsored Link

 

宇野昌磨のフランス大会の結果は2位!

グランプリシリーズ、カナダ大会に出場したときはショートで

技術点:57・12点 
演技構成点:46・50点
合計得点:103・62点

フリーでは

技術点:106・32点 
演技構成点:91・16点 
合計得点:197・48点

でショート、フリーともに1位となり、優勝という結果に。

 

そしてグランプリシリーズ第2戦目のフランス大会では

ショート

技術点:48・91点
演技構成点:46・01点
減点:1・00点
合計得点:93・92点

と技術点が伸び悩び、ハビエル・フェルナンデスに1位を許し、ショートでは2位となった。

そしてフリーの演技では

技術点:90・20点
演技構成点:91・20点
減点:2・00点
合計得点:179・40点

 

前回出場したカナダ大会よりもショートとフリーどちらともで演技に精彩を欠き技術点が伸びなかった。しかしフリーでは全体のトップ。だが、ショートで1位だったハビエル・フェルナンデスが1位を守り抜き、優勝を飾った。宇野昌磨はフランス大会では2位という結果に終わった。

表彰台は悔しそうな表情も見せたが、12月7日から始まるグランプリファイナルには出場ができるだろう。

そして大事なのは全日本選手権だ。ここで来年開催される平昌オリンピックへの出場権が獲得できるかが決定する。

 

だが宇野昌磨には平昌オリンピックに出ることを目標にするのではなく、そこで一番高いところ、つまり金メダルを獲ってほしいと願っている。

残された期間はわずかだが、宇野昌磨の成長スピードに期待をしたい。

 

あなたにおすすめの記事