ブラックフライデーとは!?日本ではイオンやトイザらス、GAPやユニクロ、Amazonまで激安セールを開催!

ブラックフライデー,とは,セール,日本,イオン,トイザらス,GAP,ユニクロ,Amazon,激安



 

2017年は日本各地でもブラックフライデーが流行しているようだ。だがまだブラックフライデー自体の認知度が低いこともあり、主要都市や大手企業だけが取り入れているような状況だ。

そんなあなたもきっとブラックフライデーの存在をつい最近知った、またはブラックフライデーってなに?と思っているかもしれない。

何を隠そう、私もその1人だ。

名称は以前から何度か聞いたことがあったが、よく意味はわかっていなかった。また、人から説明されたりもしたが、日本とは関係ない話(当時は)でまったく興味がなかったのだ。それが近年、ブラックフライデーを日本でも導入する企業が少しずつ増え始め、2017年の今年はテレビなどでもCMを放送するようになり、その認知度が急に上がったような印象を受けた。

ではその気になるブラックフライデーとはいったいなんなのか?どんなことをしているのか?どういった意味があるのか?そして最も気になるのが”セール”をしているらしい・・・?ということだろう。それらについて詳しくお伝えしていく。

 

ブラックフライデーとは!?

11月も下旬に入り、一気に寒さが増してきた季節にホットなニュースが飛び込んできた。それは「ブラックフライデー」というものだ。

「ブラックフライデー」とはなんなのだろうか?そう思われた方もきっと多くいたことだろう。

テレビのニュースなどを見る限り、なにやら11月23日(祝日)の勤労感謝の日から週末にかけてまでどうやらセールをしているらしいという情報を嗅ぎつけたことだろう。

どうして急に「ブラックフライデー」という名前が出てきたのかも不思議に思った人もいるはずだ。

 

まず、「ブラックフライデー」はアメリカで行われている年末商戦のひとつで、感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日のことを指している。

 

感謝祭とは

本来、宗教的な意味合いが強く、礼拝や教会で神に感謝を捧げる。というものだったが、現在ではその意味合いが弱まり、親族や親戚、また友人などと集まり大切な時間を食事会で過ごす。といったものに変貌している。

 

ブラックフライデーと呼ばれる理由〜その1〜

アメリカで行われる感謝祭は祝日で、翌日のブラックフライデーは祝日ではないが連休となるところも多い。そしてこの日が年末のクリスマスセール初日にあたるとされている。小売店の売上が年間で最も多いとされているため、”黒字”になることから・・・

 

黒字になる金曜日

 

これが

 

ブラックフライデー

 

と呼ばれるようになった理由だ。

 

Sponsored Link

 

ブラックフライデーと呼ばれる理由〜その2〜

感謝祭の翌日はクリスマスセールが街中で開催されるようになるのだが、アメリカのクリスマスセールは日本よりも遥かに熱気を帯びている。

店先の道路には人・ひと・ヒト・・・

店舗の中にも人・ひと・ヒト・・・

どこもかしこも人だらけで、黒山の人だかりができてしまうほど!

そんなことからも「ブラックフライデー」と呼ばれるようになった。

 

ブラックフライデーと呼ばれる理由〜その3〜

ブラックフライデーと呼ばれる理由の上記2つが店舗側の理由だが、もう1つは客側の理由もある。

年末商戦のクリスマスセールには大の大人たちが子どもや家族や、友人や恋人、大切な人のためにプレゼントを買いに奔走し、たくさんのお金を消費する傾向がある。それもそのはずでセールのため商品が安くなっているからだ。これにつられて商品をたくさん買ってしまう・・・

そう、客にとっては

 

「大量にモノを買わされてしまう暗黒の日」

 

となるわけだ。

せっかくのクリスマスプレゼントなのだから、ネガティブな思考でいてほしくはないが、そういう受け止め方もできるということだろう。

3つ目のブラックフライデーと呼ばれる理由については、いかにもあとづけのような気がするが、客目線で考えると妙に納得できる。

 

これら3つの理由からアメリカの感謝祭(11月の第4木曜日)の翌日の金曜日はクリスマスセール初日のため「ブラックフライデー」と呼ばれるようになったというわけだ。

ブラックフライデーと呼ばれる理由の1つ目だけを知っておけば問題ないだろう。あとの2つはうんちく好きの方は覚えてくと良いだろう。

 

以上が「ブラックフライデーとは?」とそれに付随して「ブラックフライデーと呼ばれる理由」となる。

 

Sponsored Link

 

日本ではイオンやトイザらス、GAPやユニクロ、Amazonまで激安セールを開催!

アメリカのブラックフライデー事情は分かったが、今年からは日本でもブラックフライデーと称し、セールを開催する企業が目立ってきた。

なかでも大手企業だと

ブラックフライデーに合わせてセールを開催するということでかなり目立っている。

その他にも

でもテレビCMで告知をする力の入れようだ。

 

イオンでは23日(祝・木)の午前0時よりブラックフライデーセールを開催し、多くの客で賑わったようだ。

お得っていうレベルのものじゃない

といった客の声もあるほど、その価格の安さにビックリするほどのようだ。

 

イオンのブラックフライデーセールの詳細についてはこちら

 

 

企業側にとっては安くしすぎて

黒字になる金曜日

赤字になる金曜日

 

ブラックフライデー改め、レッドフライデーにならないようにしていただきたい。

 

GAPでもブラックフライデーセール開始前から多くの人が集まり、行列を作るほど賑わっていた。先着100名にセーターを100円で販売。また先着400名には1着50%OFFになるカードを配布するなど太っ腹な企画を実施した。

 

Amazonはサイバーマンデーを実施する模様だ。

 

サイバーマンデーとは

ブラックフライデーの3日後の月曜日は、オンラインショッピングの売り上げが増えることからサイバーマンデーとよばれる

 

Amazonのサイバーマンデーは12月8日(金)18時〜11日(月)23時59分までとなっている。Amazonでは今年最後のビッグセールなので、セール対象商品が2000万点以上、50%OFF以上の商品も多数用意されるようだ。

 

年始の福袋も良いが、年内に良いものを安く買っておきたい方には

ブラックフライデーやサイバーマンデーをかしこく利用しない手はないだろう。

 

ハロウィンもそうだが、日本では海外発のイベントが定着化してきている印象がある。

ブラックフライデーやサイバーマンデーも今後、定着することになるのだろうか。



あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)