サッカーW杯日本代表の2015,16年の試合予定と同グループ内の対戦相手とFIFAランク

アジア2次予選,サッカー,試合予定,スケジュール



 

Sponsored Link

 

サッカーワールドカップ2018ロシア大会アジア2次予選が2015年6月11日から2016年3月29日まで繰り広げられる。日本代表の初戦は6月16日のホームでシンガポール戦だ。まだ記憶に新しいと思うが、この日、日本代表はシンガポール相手に 0-0 の引き分けで終わった。

日本代表の決定力不足に見ているこちらがストレスが溜まる試合だった。

 

サッカーW杯アジア2次予選,日本代表,試合予定

 

だが我々は日本代表チームがワールドカップへ進出することを願っているし、当然そうなると思っている。

結果的にワールドカップへ進出できればそれで良い。「初戦で課題が山ほど見つかったことが何よりだった」と思えるように日本代表には頑張って欲しい。

 

さて現在の日本代表の戦績と今後の試合予定を確認しておこう。

 

アジア2次予選の2015,16年の試合予定スケジュール

今回の2018ロシアW杯アジア2次予選は2019年にUAEで開催されるAFCアジアカップを兼ねている。が、そんなことはどうでもいい(じゃあわざわざ言うな)。

 

アジア2次予選のこれまでの戦績とこれからの試合予定

 

第1戦、シンガポール(6月16日・ホーム

結果 0-0(引き分け)

 

第2戦、カンボジア(9月3日・ホーム

結果 3-0(勝利)

 

第3戦、アフガニスタン(9月8日・アウェー

結果 6-0(勝利)

 

第4戦、シリア(10月8日・アウェー

第5戦、シンガポール(11月12日・アウェー

第6戦、カンボジア(11月17日・アウェー

第7戦、アフガニスタン(2016年3月24日・ホーム

第8戦、シリア(2016年3月29日・ホーム

 

日本のホームスタジアムは4試合ともすべて埼玉スタジアム2002で行われる。

2015年の今年は残すところあと3試合だが、そのうちのすべてがアウェーでの試合だ。

 

Sponsored Link

 

対戦相手国との通算成績

ここで対戦相手国と日本のこれまでの通算成績を見てみよう。

まず初戦の相手、シンガポール。20勝2分3敗 (1959-2015) / 55得点18失点 (+37得失点差)で圧倒的に日本が強さを示している。

次に第2戦の相手、カンボジア。3勝0分0敗 (1970-2015) / 8得点1失点 (+7得失点差)先日の試合で43年ぶりの対戦となった。

第3戦の相手はアフガニスタン。2勝0分0敗 (1951-2015) / 8得点0失点 (+8得失点差)アフガニスタンとはたった2試合しか対戦していない。初戦は64年前。

最後の相手はシリアだ。7勝1分0敗 (1978-2011) / 18得点8失点 (+10得失点差)日本はシリア相手に負けてはいないが、失点がわりと多い。シリアは得点能力はあるということなので、最後まで気が抜けない試合となるだろう。

 

日本代表のグループは何組?対戦相手とFIFAランクは?

日本はグループE組で日本を含めた5ヶ国のグループだ。日本以外の4ヶ国はシンガポール、シリア、アフガニスタン、カンボジアでそれぞれのFIFAランクはというと、上位からシリア(121位)、アフガニスタン(130位)、シンガポール(157位)、カンボジア(180位)、そして日本が58位だ。(FIFAランクは2015年9月現在)

FIFAランクだけで見ると、圧倒的に日本が有利なようが気がするが、初戦のシンガポール戦ではまさかのホームスタジアムでの0-0の引き分け。

こういうことが起こるから、サッカーはおもしろい。日本(58位)がシンガポール(157位)と引き分けるように、日本よりもFIFAランクが上位の国と対戦した時、引き分け、もしくは勝利の可能性は十分に考えられる。ということだ。

 

現時点(2015年9月)での勝敗や勝ち点、得失点差を見てみよう。

順位 チーム名 勝点 得点 失点 得失点
1 シリア 9 3 0 0 13 0 +13
2 日本 7 2 1 0 9 0 +9
3 シンガポール 4 1 1 1 4 1 +3
4 アフガニスタン 3 1 0 2 1 12 -11
5 カンボジア 0 0 0 4 0 14 -14

 

次のW杯最終予選へと進めるのは上位1チームのみである。そのためには残りの試合で負けるわけにはいかない。

さきほど対戦相手国との通算成績を紹介したが、日本にはアジア2次予選を1位通過できる可能性は十分に考えられる。

だが、日本代表が目指しているところはそんなところではないはずだ。

W杯本大会に出場することがまず第一の目標だろう。アジア2次予選は当然のように1位通過できないといけない。

そういった意味では『負けられない戦い』なのだろう。

 

欧州サッカーのような強くておもしろいサッカーが見られることを期待している。

 

Sponsored Link

 

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)