阪神の大和が横浜DeNAへ移籍!ポジションはショート?倉本はどうなる?

阪神,大和,横浜,DeNA,移籍,ポジション,ショート,倉本



 

阪神の大和がFA権を行使し、横浜DeNAへ移籍することが確定的となった。

 

阪神の大和が横浜DeNAへ移籍!

阪神タイガースの大和はFA権を行使し、金額よりも環境を優先するとして横浜DeNAベイスターズへ移籍することがほぼ確定的となった。

DeNAはレギュラーは確約はできないが、「ショートのレギュラーを空けて待つ」とも報道された。

阪神一筋で12年プレーしてきた大和。

今シーズンから左打席でも出場し、スイッチヒッターとして本格的にプレーした。

スイッチヒッター1年目は打率.280で本塁打1本、16打点とまずまずの成績をおさめた。

守備では主にショートなどの内野を守るが、外野も起用にこなす選手だ。守備範囲も広く、守備固めとしてもチームにいるだけで安心感のある選手なのだ。

 

阪神時代にセンターとセカンドで好守備を魅せる大和↓↓↓

 

Sponsored Link

 

ポジションはショート?倉本はどうなる?

守備職人でもあり右、左と両打席でヒットを打てる大和はなんでもこなせる選手。DeNAはショートの守備を空けるというような趣旨の説明をしたようだが、DeNAではすでにショートには倉本がいる。

倉本が守備をコンバートするということなのだろうか?

それとも、DeNAは大和を獲得するためのその場しのぎの口約束だったのだろうか?

まぁ、プロの世界はそんなに簡単にレギュラーを獲れるわけがないが、それも理解したうえで、大和は横浜DeNAへの移籍を決断したのだろう。

阪神よりも出場機会を求めてDeNAへと移籍する大和。

今シーズンのDeNAのセカンドは田中、石川、柴田の3人と、レギュラーが確定されていなかった。そこへ大和が加入するとなると歯列な争いになることは必至だが、大和の守備力ならば、倉本と大和の二遊間でほぼ決まりと言っても良いだろう。

あとはどちらがショート、セカンドを守るかということになる。

 

倉本のショートの守備はラミレス監督からは

「リーグでもトップクラス」とお墨付きをもらっているほど。

9番ショートが定着していただけに、ラミレス監督は来シーズンもこの形で起用する可能性は十分に考えられる。

となれば、大和はショートではなくセカンドになる可能性のほうが高いだろう。

 

今シーズン、阪神は横浜DeNAにクライマックスシリーズで下克上されたライバル球団だ。

そんなライバル球団への移籍を決めた大和の守備で来シーズン以降、阪神は鉄壁の守備に泣かされるかもしれない。

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)