日馬富士の引退で退職金が出る!?いくらもらえるのか?

日馬富士,引退,退職金,いくら,もらえる



 

日馬富士が昨日、相撲協会に引退届と提出し、受理されたことにより引退が決定した。それにより暴行事件が未解決にもかかわらず、日馬富士は相撲協会から多額の退職金がもらえることに。

どれくらいの金額が支給されるのだろうか?

 

日馬富士の引退で退職金が出る!?

警察が暴行事件の捜査をしている最中、日馬富士は”横綱としての品格を示すため”という理由で事件は未解決のまま引退を表明した。

相撲協会では引退をした力士には退職金となるものが支給されることになっている。

 

当然、解雇や懲戒免職であれば、退職金は支給されないが、事件が解決してからでは、相撲協会側が解雇処分を下すことも考えられた。まぁ、相撲協会からすると横綱を解雇することは今回の件があったとしても可能性はかなり低いのだが・・・

日馬富士側は退職金がもらえないとかなり損をすることになるため、相撲協会側から処分を下される前に引退を表明したとも言われている。

 

退職金はいくらもらえるのか?

日馬富士が引退で退職金がどれくらいもらえるのかということが気になるところだ。

以前、朝青龍も暴行問題を起こし、みずから引退を決意したが、そのときも退職金をきっちりと受給していたのだ。

 

朝青龍の場合の退職金は以下だ。

  • 退職金:3685万円
  • 特別功労金:1億2000万円(推定)
  • 懸賞金の協会積立金:1億8065万円

以上、合計で3億3750万円のものぼる。

 

朝青龍は通算優勝回数が25回で、日馬富士は9回のため朝青龍ほどは退職金、特別功労金、懸賞金の協会積立金はもらえないが、おそらく合計で2億円が支給されるのではないかと言われている。

 

暴行事件を起こしておきながら、これだけの退職金や功労金などが支給されるというのは一般的には考えられないが、こういった点も貴乃花親方が考える相撲協会の”悪しき慣習”の一つなのではないだろうか。

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)