フィギュアスケートGPファイナル2017の出場選手は誰!?チケットはある?放送予定時間はいつ?

フィギュアスケート,GPファイナル,2017,チケット,出場,選手,放送予定,時間,いつ



 

2017-2018シーズンのフィギュアスケート、グランプリシリーズの男女上位6名ずつが出揃い、いよいよGP(グランプリ)ファイナルが始まる。

今年のグランプリファイナルは羽生結弦がケガのためグランプリシリーズの段階で欠場となってしまったが、他の選手はいったい誰が出場するのだろうか?

 

また、今回のフィギュアスケートGPファイナル2017は日本の名古屋で開催されるためフィギュアスケート熱の高い日本ということもあり、多くの人が押し寄せることになるだろう。

チケットはまだ購入できるのだろうか?

会場には足を運べないがテレビで応援したいという人はテレビ観戦もオススメ。地上波ではいつ放送されるのか。

放送予定時間についてもお伝えしていく。

 

フィギュアスケートGPファイナル2017の出場選手は誰!?

10月から行われていたグランプリシリーズ。1人2試合まで出場することが可能で、その結果の上位6名がグランプリファイナルに出場可能となっている。

羽生結弦が右足をケガしたためグランプリファイナルには当然ながら選出されなかったが日本からは羽生結弦に次いで世界ランキング2位にまで上り詰めたまだ10代の若き天才が出場する。

また女子は2人の日本人選手がグランプリファイナルに出場することとなった。

以下は出場選手一覧となる。

 

フィギュアスケートGPファイナル2017の出場選手一覧

男子(順不同)

選手名 年齢
日本 宇野昌磨 19
アメリカ ネイサン・チェン 18
アメリカ ジェイソン・ブラウン 22
アメリカ アダム・リッポン 28
ロシア セルゲイ・ボロノフ 30
ロシア ミハイル・コリヤダ 22

 

男子の出場選手はグランプリファイナルの常連である羽生結弦、パトリック・チャン、フェルナンデスの3選手がケガなどの理由によりグランプリファイナルには出場しないため、今回出場する選手は誰が優勝しても”初”優勝ということになる。

優勝候補は宇野昌磨とネイサン・チェンだと言われおり、4回転ジャンプをそれぞれ4種類と5種類跳ぶことができる選手だ。

なかでもネイサン・チェンはただ1人となる人類史上初の5種類の4回転ジャンプを跳ぶことができるため、すべて成功すれば、かなりの高得点が期待できる。

だが宇野も負けていない。ショートとフリーの合計点で300点以上を叩き出している選手はこれまでわずか5人しかいないが、宇野昌磨はここ最近5試合すべてで300点超えを記録しており、抜群の安定感と高い点数を期待できる選手でもあるのだ。

ジェイソン・ブラウンやアダム・リッポンは高い表現力や個性的な衣装、芸術性のある演技で観客を魅了し、高得点を出す選手だ。4回転ジャンプは跳べないものの、魅せる演技でフィギュアスケートの美しさを表現してくれる。

セルゲイ・ボロノフは織田信成と同い年の30歳!まだまだ現役で活躍している数少ない選手となる。グランプリシリーズでは12シーズン出場し、今年初めて優勝したことでも話題となった。

4シーズンぶりのグランプリファイナル出場で意気込んでいることだろう。

 

女子(順不同)

選手名 年齢
日本 宮原知子 19
日本 樋口新葉 16
イタリア カロリーナ・コストナー 30
カナダ ケイトリン・オズモンド 22
ロシア マリア・ソツコワ 17
ロシア アリーナ・ザギトワ 15

 

樋口新葉(わかば)がグランプリシリーズで2度表彰台にあがる快挙で見事、グランプリファイナル出場を決めた。

宮原知子もケガから11ヶ月ぶりに復帰したグランプリシリーズで復活優勝を果たし実力を見せつけた。

平昌オリンピックまであと2ヶ月。女子フィギュアスケートの代表枠はわずかに2つだけだ。グランプリファイナルに出場しただけではまだ五輪内定とは限らない。来年の平昌オリンピックに出場するためにも、グランプリファイナルで結果を残すしかない。

実力の宮原知子か。それとも今シーズン絶好調の樋口新葉(わかば)か。はたまた2人とも五輪内定を勝ち取るか。

グランプリファイナルで2人が表彰台にあがれば、その可能性も見えてくるだろう。

だがロシアからはまたしても刺客が現れた。今年シニアデビューしたアリーナ・ザギトワだ。グランプリシリーズに初出場したかと思えば、2試合ともに優勝を果たした。

超新星が表彰台の一番上に立つのだろうか。

男子と同じく唯一30歳のカロリーナ・コストナーも6シーズンぶりにグランプリファイナルに出場する。

 

Sponsored Link

 

フィギュアスケートGPファイナル2017のチケットはある?

今年は4年ぶりに日本での開催となったフィギュアスケートグランプリファイナル2017。毎回多くの観客が詰めかけるが、グランプリファイナルとなれば、またさらに増えるだろう。だが、今大会は男子、女子ともにグランプリファイナルの常連、羽生結弦、パトリック・チャン、フェルナンデス、メドベージェワが出場しないため、その影響によって観客は例年よりも少ないということも考えられる。

愛知の名古屋にある日本ガイシホールにて開催されるが、チケットはまだあるのだろうか?

 

チケットぴあにて確認したところ、現在は4次販売まで行われており、その全てが完売となっていた。

チケットキャンプは予想どおり販売されてはいるものの、やはり値段が跳ね上がっているようだ。定価の倍以上するチケットが大半のため、それでも見に行きたいという方はチケットキャンプでの購入も検討してみると良い。

 

音楽などのライブでもそうだが、こういった転売目的でのチケット購入は後を絶たない。純粋に見に行きたい人が行けないというのはいかがなものかと思うのだが、なかなか規制するのも難しいようで・・・

会場へ見に行く場合は前もって先行販売などでチケットの確保をするしかないのかもしれない。

今年がダメなら来年、またチャレンジしてみるしかない。

 

放送予定時間はいつ?

チケットぴあではチケットが完売していたためグランプリファイナルは地上波のテレビで観戦するとしよう。

放送予定時間はいつなのだろうか?海外で行われることが多いフィギュアスケートだが、今回は日本で開催のためリアルタイムで見ることができる。

また地上波で放送もされるため、しっかりと観戦可能だ。

 

日程は男子ショート、女子ショート、男子フリー、女子フリー、エキシビジョンの順で組まれている。

 

放送予定日、時間は

男子ショート:12 7() 19時~ 

女子ショート・男子フリー:12 8() 19時~ 

女子フリー:12 9() 1856分~

エキシビション:12 10() 1857分~

計4日間、テレビ朝日系列で放送される予定となっている。

 

宇野昌磨、樋口新葉(わかば)、宮原知子の日本人選手が活躍する姿をしっかりと応援しよう!

 

あなたにおすすめの記事