2018年1月31日に皆既月食(スーパーブルーブラッドムーン)が見られる!時間帯は?画像撮影方法も

2018年,1月31日,皆既月食,スーパーブルーブラッドムーン,時間帯,画像,撮影,方法

3年ぶりの2018131

皆既月食が、全国で見ることができるんです。

ちなみに、2018728日にも

皆既月食が観測できるのですが、

九州・沖縄でしか見ることができないんです。

なので、九州・沖縄以外にお住いの人は

2018131日に見るしかないですよね。

 

Sponsored Link

 

皆既月食とは!?

2018年,1月31日,皆既月食,スーパーブルーブラッドムーン,時間帯,画像,撮影

 

「皆既月食」「皆既日食」があると、

テレビやネットニュースに取り上げられるので、

言葉は聞いたことがあると思うのですが、

そもそも『皆既月食』とはどういう状態のこと?

と思いませんか?

「皆既月食」について説明することができますか!?

まずは、月食の起こる仕組みについて説明している

国立天文台(NAOJ)の動画がわかりやすいので、

見てみてくださいね。

 

地球の影には

・本影(太陽光がほぼさえぎられた濃い影)

・半影(本影を取り囲む薄い影)

2種類あり、

月の全てが本影に入り込む現象が『皆既月食』なんです。

また、皆既月食中は月の色に注目してほしいです。

月食中の月の色はただ暗くなるばかりではなくて、

オレンジ色であったり、

色だったり様々な色が楽しめるんですよ。

 

一般的には、大気中のチリが少ないと

大気を通り抜ける光の量が多くなるので、

明るいオレンジ色に近い色をしていて、

逆に、大気中のチリが多いと

大気を通り抜ける光の量が少なくなるので、

より黒く見えるんだそうです。

 

ちなみに、2018131日の皆既月食は

真冬の時期になるので、

大気中のチリが少なく

明るいオレンジ色の月が見れるのではないでしょうか

見てのお楽しみですね(^-^)

 

参考までに、前回2014108日皆既月食はこのような状態でした。

 

Sponsored Link

 

2018131日の皆既月食が見れる時間はいつ?方角は?

2018131日の満月は

  • 1カ月の間に満月が2回ある現象の「ブルームーン」
  • 皆既月食により赤黒い色の月が見られる現象「ブラッドムーン」
  • 月が地球に最も近づき月の円盤が最大に見える現象「スーパームーン」

にあたるとも言われており、

全てが同時に起こる

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

なんです\(o)/!

こんな貴重な機会めったにないですよ~

せっかくなので見たいですよね。

 

ただし

  • 晴れていること
  • 月が見えること

が必要になってくるんです。

ちなみに、多少雲が出ていても月が見えていれば

皆既月食を見ることができるので、

雨、雪でなければ見れる確率は高いですね。

 

気になる皆既月食が見れる時間なのですが、

2018131日の月食としては

2048分頃から翌日21日の011分まで

3時間見ることができます。

そして、皆既食となるのは、

2151分から238分頃までで、

 

『皆既月食のピーク』

2230分頃、正確に言うと

22時2950です。

お見逃しなく~!!!

 

月食中も月は動いているので、

もちろん見える方角が変わっていきます。

月食が始まる時には東南東に見えている月が、

月食が終わる時には南の方角に見えますよ。

 

では、気になる皆既月食の時の見える方角ですが

南東の方角です。

 

まとめると、2018131日の皆既月食は

222950秒に南東の方角を見てください。

 

曇っていても月さえ見えていれば、

完全な皆既月食が見れますよ(^^)/

 

国立天文台の動画 皆既月食(2018131日)

 

Sponsored Link

 

皆既月食を撮影したい!スマホでの撮影方法

滅多に見れない皆既月食を

写真撮影して記念に残しておきたい、

と思う人もいるのではないでしょうか。

皆既月食の撮影で必要なのは

もちろんカメラですよね(笑)

写真で見るような画像を撮影したいなら、

デジカメやミラーレス一眼、一眼レフなどのカメラが望ましいです。

でも、そんなカメラは持っていないし

あっ、スマホにもカメラが付いてるんだから

スマホで撮影すればいいんじゃないの!?

と思いますよね。

そこまで高精度の画像を必要としていないのであれば、

スマホでも十分撮影できますよ。

皆既月食を撮影してみたい人はこの機会に、

スマホでの撮影に挑戦してみてはいかがでしょうか(*^^*)

 

では、スマホでの撮影方法について見ていきましょう~

まず、スマホでの撮影で一番大事なのは、

手ブレしないように固定することです!!

これをクリアしないことにはキレイに撮影できないんです(>_<)

 

iPhoneの場合≫

手ブレしないように固定した状態で

画面に映った月を長押しすると

AE/AFロック」の表示が出るので、

後はその状態のまま撮影するだけです。

 AE/AFとは

自動焦点、自動露出機能のこと

 

アンドロイドの場合≫

アンドロイドのスマホは機種によって機能が様々なんです。

露出制御が可能な機種では、

明るさの設定を下げることでキレイに撮影できます。

画質が高すぎると綺麗に撮影できない場合もあるのですが、

そんな時は、画質を下げた設定で撮影すると

上手くいく場合がありますよ。

 

皆既月食のピークは一瞬なので、

くれぐれもスマホ撮影に必死になっていて

きちんと見ることが出来なかった( ;😉

とならないようにだけ気を付けてくださいね。

 

ちなみに、次回日本で見られる皆既月食は

2021526になるとのことです。

3かなり待ち遠しいですね。

 








あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)