『バカマツタケ』人工栽培成功で有利販売へ!?販売価格(値段)は?

バカマツタケ,栽培,販売,価格,値段

『バカマツタケ』

初めて名前を聞く方も多いのではないでしょうか。

それにしても、何とも言えないネーミングですよね(笑)

「マツタケ」と入っているだけに、

高級食材の松茸の仲間なのでしょうか…

今回、『バカマツタケ』の人工栽培に成功

というニュースが話題になっていますが、

そもそも、バカマツタケはどのように栽培されているものなのか。

話題になっている『バカマツタケ』に興味があるので、調べてみました!

有利販売されるとなると販売価格(値段)も気になりますよね。

それでは見ていきましょう~

 

Sponsored Link

 

『バカマツタケ』とは?

『バカマツタケ』

名前に「マツタケ」が入っている通り、

見た目や食味・香りが、マツタケに似ているきのこなんです。

戦後に発見されたため知名度は低いものの、

食用として食べられてきたそうです。

知る人ぞ知る「きのこ」というわけですね。

 

なぜ『バカマツタケ』という名前なのか

そのネーミングが気になりますよね。

『バカマツタケ』のネーミングの由来は…

高級食材で知られている「マツタケ」はアカマツなどの松林に生えるのですが、

『バカマツタケ』は雑木林に生えることや、

マツタケよりもやや発生時期も早いことから、

❝馬鹿なマツタケ=バカマツタケ❞

という名前がついたそうです( ;∀;)

しかも学名までが「bakamatsutake」になっているんです。

もうちょっと他に名前があったのではないか!?とも思ってしまいますが、

もうどうしようもないですもんね。

 

そんな何となく可哀想な名前の『バカマツタケ』ですが、

大きさはマツタケほど大きくはならないものの、

香りはマツタケ以上に強く

食感はマツタケよりも柔らかく

「非常に美味しい」とのこと!!

美味しいとなると、ぜひ一度は食べてみたいですよね~。

今回、人口栽培に成功したとのことで

今後手軽に購入できる機会が増えてくるのではないでしょうか。

その日が待ち遠しいですね(^-^)

 

Sponsored Link

 

バカマツタケの栽培方法

バカマツタケはマツタケと同様、

菌床栽培や人工栽培ができませんでした…。

しかし今回、人工栽培に成功ということで、

私たちの食生活に少しばかりの変化が訪れるかもしれないですね。

≪今回開発した栽培法≫

①培地で2カ月間、菌を培養

②菌糸を砕いて土壌資材と混ぜ、苗木の根に密着させて林内に植える

※苗木や林の樹種はミズナラ・コナラ・クヌギ・ウバメガシなどブナ科の広葉樹が適する

この栽培技術はマツタケへの応用も期待できるとのことで、

もし成功すれば高級食材のマツタケが

今よりも少しお手頃な値段で購入できるかもしれないですね。

 

Sponsored Link

 

バカマツタケの販売価格(値段)

『バカマツタケ』が採れる地方によっては、

マツタケの1/10程度の販売価格(値段)で手に入れることも可能なようですが、

最近あまり流通していないみたいなので、

今後簡単にスーパーなどで購入できるのを待つしかないですね。

その際の販売価格(値段)については、

人工栽培により多く採取できることや

もともと「マツタケ」よりも値段が安く売られていることもあり、

お手軽に購入できる値段だと思われます。

 

「バカマツタケ入荷しました」

が見られる日も、そう遠くはないのかも…

スーパーに並ぶようになった際には、

ぜひとも購入して、味わってみたいですね(^^)/

 








あなたにおすすめの記事