阪神・藤井が今季限りで現役引退を発表!男前の応援歌も聞き納め・・・



Sponsored Link

クライマックスシリーズ1stステージ敗退となった阪神は12日、捕手の藤井彰人選手の引退を発表した。

【悲報】男前藤井が今季限りで現役引退!

阪神,藤井,現役,引退,男前,応援歌

 

阪神の藤井彰人捕手(39歳)が今季限りで現役を引退すること明らかにした。

クライマックスシリーズ第2戦ではフル出場し、勝利にも貢献したベテラン捕手がいなくなるのは阪神にとっては痛い。。。城島が捕手を務めていた時には控えだったが、城島が離脱したことをきっかけに男前藤井の出番が増えはじめ、阪神を幾度と無く救ってきた。

藤井は、1999年に近大からドラフト2位で近鉄に入団した。2001年の近鉄バファローズのリーグ優勝を経験したが、その後オリックスと近鉄の球団合併によって2005年から新球団の楽天でプレーすることになる。2010年のオフにはFA権を行使し、阪神へ移籍した。

そんな酸いも甘いも知り尽くした男前藤井の現役引退はファンにとっては寂しいが、阪神サイドは捕手に不安要素を残すことになってしまった。

 

Sponsored Link

引退試合もできずに・・・

阪神の引退選手といえば、関本賢太郎選手だろう。彼は阪神一筋19年で近年は「代打の切り札」として勝負強いバッティングを持ち味としていた。そして監督の和田豊監督も阪神一筋で選手・コーチ・監督時代を含めると31年間も活躍してきた。そんな彼らには引退試合やセレモニーなどの光を浴びる機会があった。だが、男前藤井はクライマックスシリーズ敗退が決まってから、現役引退を表明したために引退試合などもできずに最後の姿を見ることなく引退してしまうことになる。。。

これも影の立役者である”捕手”の宿命なのか、それとも藤井彰人ならではの遠慮の仕方なのか。あまり目立とうとはしないスタイルだからこそ、ファンはそこに魅力を感じ、”男前藤井”を応援歌にまでしたのだろう。

 

藤井の応援歌と言えば、「男前~♪」

 

阪神ファンはもちろん、そうでない方も一度聞いたらこの応援歌は忘れらないだろう。そもそもこれは応援歌なのだろうか?と思ってしまうが、それもまた阪神という愛嬌のある球団ならではのことなのだろう。

藤井彰人が今後、指導者としてコーチで活躍することを期待したい気持ちもあるが、今はひとまず「お疲れ様。そして、ありがとう」という気持ちでいっぱいだ。

これからも男前藤井は永遠に忘れないだろう。

 

阪神の次期監督問題はこちら

→ 阪神・和田監督退任へ。CSで巨人に敗れ有終の美を飾れず。次期監督は金本が有力か?

巨人の次期監督問題はこちら

→ 巨人・原監督退任か!?退任理由は?次期監督は誰?江川卓氏、松井秀喜氏、高橋由伸選手兼任コーチなど

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)