高橋由伸が巨人次期新監督の有力候補に!江川卓氏、川相昌弘ヘッドコーチは!?

高橋由伸,巨人,次期監督,有力候補



 

Sponsored Link

 

巨人監督問題に終止符。新監督誕生へ!

→ 高橋由伸が現役引退!そして巨人軍の新監督に正式に就任決定!

 

原監督が退任することが正式に決定したが、巨人の次期新監督はいまだ決まっていない状況だったが・・・

 

高橋由伸が巨人の次期監督の有力候補に!

高橋由伸,巨人,次期監督,有力候補

 

19日現在、巨人の次期監督候補に高橋由伸が有力として名前が上がっていることがわかった。原監督の後任に「原野球を継承し、新しい風を吹き込んでくれる人」と話していた巨人の白石興二郎オーナー。当初は巨人OBの江川卓氏を中心に検討していたが、交渉は難航している模様。10月22日にはドラフト会議が始まるため、それまでにはどうしても監督をきめておきたいところだが・・・

高橋由伸は今シーズンの2015年から選手兼任打撃コーチを務めていた。これが意図していることは将来的には高橋由伸に監督になってもらおうというものだ。現役で活動しており、そして1年間しか指導者として活動していないため、高橋由伸が次期監督になるには「まだ早い」という声もあがっていた。だが、原監督退任後、後任となる監督はいまだ決定しておらず、さらに候補としてあげていた数名との交渉に難航しているため高橋由伸に白羽の矢が立っている状態というわけだ。

 

Sponsored Link

 

江川卓氏、川相昌弘ヘッドコーチが監督になる可能性は?

江川卓,巨人,次期監督,高橋由伸

 

さきほども述べたが江川卓氏に監督要請を検討していたが、「荷が重い」という理由(他にも理由はあるだろうが)で難色を示しており交渉は難航しているようだ。それもそうだろう。野球解説者としては長年経験してきてはいるが、指導者としてはさほど経験がない。結果が求められる指導者、つまり監督は相当なプレッシャーがかかることは容易に考えられることだ。

それに加えて、巨人という伝統のあるチームであるということ。また、それに伴いとてつもない数のファンがいるということ。さらには前任の原監督の成績が良すぎただけに、重圧という負担が増すことになるだろう。そういったことを考慮すると、現場から長い間離れている人物よりもより近くで見ている人物のほうがまだすんなりとチームにも溶け込めそうだ。

 

川相昌弘,高橋由伸,巨人,次期監督

その点、川相昌弘ヘッドコーチは常に現場の第一線に立っていた。原監督が体調不良の時は川相昌弘ヘッドコーチが監督代行を務め、試合数自体は少ないが6戦5勝1敗と大きく勝ち越している。

川相昌弘ヘッドコーチの実績を取るか江川卓氏の解説能力を取るか、はたまた将来を見据えて高橋由伸を長期計画で監督として育てていくのか。

巨人軍の次期監督問題はいまだハッキリ決まらない。

 

2015年のドラフトの結果はこちらから↓

ドラフト会議2015、各球団のドラフト1位は誰だ!?ドラ1指名選手と外れ1位選手

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)