ドラフト会議2015、各球団のドラフト1位は誰だ!?ドラ1指名選手と外れ1位選手

ドラフト,2015,ドラ1,外れ1位,誰,



 

Sponsored Link

 

2015年のドラフト会議が10月22日に開かれた。セ・リーグの阪神、DeNAは数日前に新監督が決定し、巨人は監督不在のままドラフト会議に臨むこととなった。

ドラフト会議といえば、指名選手が被った場合は抽選で決定するのが通例だが、このシーンを思い浮かべる人も多いことだろう。ドラフトは毎年のようにドラマがあり、今年もなにかが起こったことは言うまでもない。。。

 

2015年のドラフト会議、各球団のドラフト1位は誰だ!?

2015年のドラフト会議は1人の選手に指名が集まることは少なく、分散する傾向にあった。ドラフト1位の最多指名数でも3球団という結果だ。これを踏まえると、2015年の今年は大型新人がいないと思われるかもしれないが、良い選手が揃ったために指名が分散した、という見方もできる。

ドラフトの時点で良い選手や大型新人と言われていても、実際にそれが真実になるかどうかは数年後の結果を見ることでしか判断することはできないだろう。もちろん大学生には即戦力が求められる傾向にあるが、それでも数年後には1軍でしっかりと活躍できるようになっていれば良いほうだろう。

さぁ、それでは話題に入ろう。

2015年のドラフト会議では各球団のドラフト1位選手は誰になったのだろうか?

まずはパ・リーグから。

チーム名 選手名 ポジション 所属
ソフトバンク 高橋純平 投手 県岐阜商高
日本ハム 上原健太 投手 明治大学
ロッテ 平沢大河 内野手 仙台育英高
西武 多和田真三郎 投手 富士大学
オリックス 吉田正尚 外野手 青山学院大学
楽天 オコエ瑠偉 外野手 関東第一高

 

といった結果になった。

高校生ドラフト1位は3名。高橋純平、平沢大河、オコエ瑠偉、全員が甲子園に出場した経験があり、またU-18でも活躍した選手たちだ。

 

次はセ・リーグを見ていこう。

チーム名 選手名 ポジション 所属
ヤクルト 原樹里 投手 東洋大学
巨人 桜井俊貴 投手 立命館大学
阪神 高山俊 外野手 明治大学
広島 岡田明丈 投手 大阪商業大学
中日 小笠原慎之介 投手 東海大相模高
DeNA 今永昇太 投手 駒沢大学

 

セ・リーグの1位指名選手は中日を除く5球団が大学生を指名した。唯一の高校生は夏の甲子園で優勝、U-18でも大活躍だった小笠原慎之介だ。またセ・リーグはパ・リーグと比べてもドラフト1位に投手を指名している球団が5球団もある。

セ・リーグは投手戦、パ・リーグは打撃戦、といった流れからこうした結果に繋がったのだろう。

 

Sponsored Link

 

ドラ1指名選手と外れ1位選手

上の表は各球団のドラ1指名選手を表したものだが、中には”外れ1位”と言われるものがある。抽選で1位指名した選手の交渉権を得られなかった球団が本来の1位指名選手とは別の選手を希望し、その選手の交渉権を得られた場合によるものだ。

ドラフト1位ということには変わらないのに、”外れ1位”という名はどうかと思うが・・・

まぁ、今回はそれは置いておくとして、この本来の1位指名選手と”外れ1位”選手は誰だったのかという点も気になるところだ。それをわかりやすくまとめてみた。

(※外れ1位選手も実質上のドラフト1位となる。上の2つの表の中にも外れ1位選手が含まれていることになる。)

 

各球団のドラ1指名選手と外れ1位選手

パ・リーグ

チーム名 ドラ1指名選手 外れ1位選手
ソフトバンク 高橋純平
日本ハム 高橋純平/小笠原慎之介 上原健太
ロッテ 平沢大河
西武 多和田真三郎
オリックス 吉田正尚
楽天 平沢大河 オコエ瑠偉

 

セ・リーグ

チーム名 ドラ1指名選手 外れ1位選手
ヤクルト 高山俊 原樹里
巨人 桜井俊貴
阪神 高山俊
広島 岡田明丈
中日 高橋純平 小笠原慎之介
DeNA 今永昇太

 

※ ー は希望通りのため外れ1位選手はいないことになる。

※「1人目/2人目」も希望通りにならなかったことを示している。

 

高橋純平がソフトバンク、日本ハム、中日の3球団から指名され、今年の最多指名数となった。日本ハムと中日は1位指名を順に高橋純平→小笠原慎之介としたが、中日が小笠原慎之介を”外れ1位”で交渉権を獲得した。日本ハムは3人目に上原健太を指名し、”外れ1位”となった。

平沢大河はパ・リーグの2球団、ロッテと楽天がドラ1で指名し、抽選でロッテが交渉権を獲得した。対する楽天は”外れ1位”オコエ瑠偉を獲得することができた。

高山俊はセ・リーグの2球団、ヤクルトと阪神がドラ1指名をし、抽選でヤクルトが交渉権を得た。かと思いきや、抽選をしたヤクルトの真中監督は勘違いをしており、結果的に阪神が交渉権を得たことになった。珍事件であった。その後ヤクルトは”外れ1位”に原樹里を指名した。

ヤクルト真中監督、勘違いガッツポーズドラフト,2015,ドラ1,外れ1位,誰

まとめ

毎年、ドラフト会議には珍事件やビッグイベントはつきもののようだ。今回のそのくじを引いたのは真中監督となった。大事な場面で珍事件を起こしてしまったが、そういうことも含めてドラフト会議というのは毎年、見てみたくなるものである。

それぞれドラフト1位指名された選手、また1位ではなかったものの、指名された選手には今後、プロ野球という日本最高の舞台で思う存分力を発揮してファンを魅了して欲しい。

これがなによりの野球ファンとしての願いだ。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)