高橋由伸が現役引退!そして巨人軍の新監督に正式に就任決定!

高橋由伸,現役引退,巨人,監督,就任,決定



 

Sponsored Link

 

巨人の監督去就問題は遂に決着がついた。今シーズン選手兼打撃コーチとして活動した、高橋由伸が巨人の新監督へと就任することが正式に決定したのだ。またそれと同時に現役引退という決断も下した。

 

高橋由伸が巨人の新監督に就任決定!

10月23日、この日、巨人の渡辺恒雄最高顧問と白石オーナーのもとに高橋由伸はいた。

「本日、渡辺最高顧問、白石オーナーに今季限りで現役を引退し、来季から監督をやらせていただくことをご報告しました。巨人軍の歴代監督は偉大な先輩方が務めてきました。そこに少しでも近づけるよう、覚悟を持って邁進します。巨人軍入団から18年間、選手・高橋由伸を応援してくださったファンの皆様には心から感謝いたします」

と、高橋由伸はコメントをした。就任会見は10月26日に予定している。

巨人の監督には誰が就任するのか、巨人ファンだけではなく、プロ野球ファンの誰もが注目していただけに高橋由伸選手兼任打撃コーチが監督へ就任したという報道を受け、驚きを隠せない人も多いことだろう。ファンの中でも巨人の新監督には野球解説者の江川卓氏桑田真澄氏、また松井秀喜氏や巨人の川相昌弘ヘッドコーチなどといった予想や推薦の声があがっていた。高橋由伸は今シーズンから打撃コーチを務めたが、それは「将来的に巨人の監督になるため」というものだったのだが・・・なんとその1年後に監督になるなんて、誰も想像していなかっただろう。

「将来的に巨人の監督になる」

確かに1年後も将来には違いないが・・・

長嶋茂雄終身名誉監督は20日に高橋由伸と次期監督について話をする機会があった。この時、長嶋氏はハッキリとこう述べたという。

「高橋君しかいない」

それに対し、高橋由伸はこう述べた。

「大変光栄な話」

 

長嶋氏からの熱烈なメッセージをしっかりと受け取ったカタチとなった。

 

Sponsored Link

 

高橋由伸、巨人の監督と現役引退の決断

巨人の新監督に正式に就任が決定した高橋由伸だが、それと同時に現役引退という道を選択した。巨人に入団し18年。巨人一筋でやってきた高橋由伸。クライマックスシリーズが終了した時はまだ、来シーズンを選手として活動することを考えていた。

巨人監督の要請を受けた時、彼はこう述べていた。

「はっきりとした答えは出していない。(監督要請を)受けるのであれば僕自身(コーチ)兼任はないと思う。選手になるのか、監督になるのかは分かりませんが、ファンのみなさまの期待に応えたい」

その言葉通り、高橋由伸は巨人の監督を引き受け、選手として活動できるにも関わらず、兼任をすることを辞める決断をした。巨人の監督なのだから、”選手兼任監督”などやろうものなら、ファンやメディアが黙ってはいなかっただろう。彼はまだ選手として十分活動できる。選手としてやっていけるという気持ちもまだまだあっただろう。だが、その思いを断ち、現役を引退し、監督に専念することを決断した高橋由伸の思いは相当なものだろうと容易に察することができるのではないだろうか。

彼の現役引退は英断とも言える。称賛に値するものだ。

これからは一選手として個人の成績を見られるのではなく、チーム力、チーム成績など、いままでとは違った観点から評価されることになる。彼の決断は立派なものではあるが、「立場が変われば、見方も変わる」

このことを肝に銘じて頑張って欲しい。プロ野球ファンとして心から高橋由伸の活躍を願っている。

 

まとめ

これで全球団の監督が決定した。

セ・リーグの監督は6球団ともに40代の監督という非常に珍しい事態となった。

同世代が監督となれば、現役時代にともに戦った仲間や相手である。戦略や戦術など、例年よりも面白い試合になるのではないだろうかと今から期待している。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)