【動画速報】浅田真央の結果は!?フィギュアグランプリシリーズ2015中国大会女子ショート・フリー

浅田真央,動画,速報,結果,フィギュア,グランプリシリーズ,2015,中国



 

Sponsored Link

 

12/12【動画】浅田真央、フィギュアGPファイナル2015のSP(ショート)の速報結果

 

11/7、【動画】最新情報!浅田真央、フリーの演技と結果は!?

昨日のショートプログラムで1位だったため浅田真央のフリーの演技は、12番目の最終滑走となった。そしてさきほど、浅田真央のフリーの演技が終了した。早速、浅田真央のフリーの演技「蝶々夫人」をご覧いただこう。

浅田真央、フィギュアグランプリシリーズ2015中国大会のフリー演技「蝶々夫人」

結果は見事に優勝!!!おめでとう!!!

順位 得点 選手名 国名
1位 197.48 浅田真央 日本
2位 195.76 本郷理華 日本
3位 184.28 エレーナ・ラジオノワ ロシア
4位 184.16 アンナ・ポゴリラヤ ロシア
5位 175.93 カレン・チェン 米国
6位 166.00 コートニー・ヒックス 米国
7位 165.26 ニコル・ラジコワ スロバキア
8位 164.28 パク・ソヨン 韓国
9位 159.13 李子君 中国
10位 151.73 ハンナ・ミラー 米国
11位 139.77 趙子セン 中国
12位 130.32 鄭路 中国

 

———————————————————-

 

12/12【動画】浅田真央、フィギュアGPファイナル2015のSP(ショート)の速報結果

 

10月のジャパンオープンで復帰を果たした浅田真央は今日、GP(グランプリ)シリーズ2015中国大会で復帰戦となった。11月6日の1日目はショートプログラムを演じた。

浅田真央の速報結果を動画などを含めてお伝えしていく。

 

【動画】浅田真央、フィギュアグランプリシリーズ2015中国大会ショートプログラムの演技

早速だが、浅田真央の演技をこちらの動画でご覧頂きたい。

浅田真央、フィギュアグランプリシリーズ2015中国大会SPの演技

 

動画をご覧頂いただろうか。浅田真央はノーミスといっても良い演技を披露した。復帰以前の浅田真央の演技よりも落ち着いているように見える。ジャンプも全て成功したためか、演技終了後、思わずガッツポーズをする姿も見られた。彼女自身もよほど手応えたがあったのだろう。

※3回転ルッツがエッジエラーの判定、3回転ループが回転不足の判定を取られた。

 

今日のショートプログラムの後は明日11月7日、フリーで蝶々夫人の演技をする予定だ。先日のジャパンオープンでも蝶々夫人の演技を披露したがそのときの動画があるので、そちらもご覧いただこう。

10月3日のジャパンオープンにて浅田真央FS「蝶々夫人」

浅田真央はこの「蝶々夫人」が大好きだという。先日のジャパンオープンで見せたような伸びやかな演技を今大会でも披露してくれることを願っている。ちなみにジャパンオープンのフリーの得点は141.70点だった。この点数を上回ることができ、休養明けからの復帰でスケーティングが上達しているのか、といった点も期待して見てみたい。

 

Sponsored Link

 

【速報】浅田真央の結果は!?フィギュアグランプリシリーズ2015中国大会ショートプログラム

それでは浅田真央のフィギュアグランプリシリーズ2015中国大会ショートプログラムの速報結果をお伝えしていこう。

7番目に登場した浅田真央は素晴らしい演技を披露した。ショートプログラムの得点は技術点が37.08点演技構成点が34.65点。3回転ルッツと3回転ループがそれぞれエッジエラー、回転不足の判定になったため、思ったほど点数が伸びなかったが合計は71.73点でトップという結果に。唯一の70点台を叩き出し、その後もトップの座を譲ることなくそのままショートプログラムは1位で明日のフリーを迎えることとなった。

浅田真央がトップにたったとは言え、他の選手との点差がどれくらい開いているのかも大事なポイントになるだろう。そこで全選手の結果を紹介する。以下は浅田真央含む全選手の得点表だ。

順位 得点 選手名 国名
1位 71.73 浅田真央 日本
2位 65.79 本郷理華 日本
3位 62.38 コートニー・ヒックス 米国
4位 61.47 アンナ・ポゴリラヤ ロシア
5位 58.62 李子君 中国
6位 58.51 エレーナ・ラジオノワ ロシア
7位 58.30 カレン・チェン 米国
8位 55.25 ハンナ・ミラー 米国
9位 54.76 ニコル・ラジコワ スロバキア
10位 52.47 パク・ソヨン 韓国
11位 48.66 趙子セン 中国
12位 47.23 鄭路 中国

 

上記の得点表を見ればわかるように、1位の浅田真央は2位の本郷理華との間に5.94点差をつけている。本郷理華も日本人選手として検討している点も要注目ポイントだ。また、1位の浅田真央と3位のコートニー・ヒックスとの差は9.35点差もある。明日のフリーで浅田真央はいつもどおり滑れたとしたら、問題なくそのまま1位となる可能性が高い。ショートプログラムで以前よりも安定した滑りを見せてくれた彼女だ。明日のフリーでも落ち着いて見届けられることだろう。

グランプリシリーズ復帰戦で優勝を期待している。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



1 個のコメント

  • 浅田選手の復帰に感動!3回転&3回転は、ちょっと納得いかない点数だが、素晴らしかった。新しい真央ちゃんに、エールを送るとともにこれからの成長が楽しみです。爽やかな笑顔が嬉しかった。真央ちゃん頑張って!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)