【世界野球プレミア12】日本の決勝トーナメント、準々決勝の相手はプエルトリコ

プレミア12,決勝トーナメント,準々決勝,プエルトリコ,日本,韓国,キューバ



 

Sponsored Link

 

世界野球プレミア12の予選ラウンド全日程が15日に終了した。

 

【世界野球プレミア12】決勝トーナメント、準々決勝はvsプエルトリコ

日本は予選ラウンドの5試合で全勝。グループBで1位通過で決勝トーナメントへ進出することとなった。今大会が第1回大会となった世界野球プレミア12は世界ランキング12位までの国が参加する国際大会で、これまで過去に開かれてきたWBC(ワールドベースボールクラシック)とはまた別の大会のため、大会のシステムもまた異なっている。

世界野球プレミア12ではA、B2つのグループに別れ、1つのグループに6チームが割り振られる。グループ毎に総当りのリーグ戦が行われ、上位チームが決勝トーナメントへ進める仕組みになっている。

だが、このプレミア12では決勝トーナメントへ進出できるチームの数が参加国の過半数以上というなんとも不思議な大会なのだ。

日本が所属するグループBには、日本の他に、アメリカ、韓国、ドミニカ共和国、ベネズエラ、メキシコの6ヶ国がいるが、このうちの4チームが決勝トーナメントへ進出することが可能なのだ。

つまり、6チーム中たったの2チームのみが決勝トーナメントへ進出できないことになる。

 

世界野球,プレミア12,決勝トーナメント,準々決勝,プエルトリコ

 

グループB1位の日本は準々決勝で当たるのはグループA4位のプエルトリコ。プレミア12開幕前の強化試合で2度対戦しているが、2試合とも日本が勝利している相手だけに、日本が有利なことは目に見えているが・・・

準々決勝は日本時間16日19時から、台湾で行われる予定だ。

 

Sponsored Link

 

決勝トーナメント進出の8チーム

プレミア12,決勝トーナメント,準々決勝,プエルトリコ,日本,韓国,キューバ

決勝トーナメント準々決勝、日本はプエルトリコと対戦する。

以下にグループ別の順位をおさらいしておこう。

グループA

順位 国名
1位 カナダ
2位 キューバ
3位 オランダ
4位 プエルトリコ

 

グループB

順位 国名
1位 日本
2位 アメリカ
3位 韓国
4位 メキシコ

 

グループA 1位 カナダ vs グループB 4位 メキシコ

グループA 2位 キューバ vs グループB 3位 韓国

グループA 3位 オランダ vs グループB 2位 アメリカ

グループA 4位 プエルトリコ vs グループB 1位 日本

 

決勝トーナメント、準々決勝は16日に台湾で行われるが、準決勝、決勝は東京ドームに移り試合が行われる。準決勝、決勝は19~21日開催予定だ。

第1回世界野球プレミア12の優勝国は果たしてどこの国になるのだろうか。日本が予選ラウンド全勝の勢いのまま、第1回大会の覇者になることを願っている。

だが、準々決勝のプエルトリコに勝てば、準決勝で宿敵、韓国と当たる可能性もある。優勝まであと3試合。若き侍ジャパンの強さを世界に見せつけるときが来た。

 

Sponsored Link

 

あなたにおすすめの記事



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメントは承認制です。また、日本語を含まない場合は投稿できません。(スパム対策)