池江璃花子が白血病に!治るにはどれくらいかかる?東京オリンピック出場は?

池江璃花子,白血病,治る,どれくらい,かかる,東京オリンピック,出場

 

競泳の池江璃花子選手が自身のSNSで突如、白血病を告白しました。

2020年の東京オリンピックで金メダル候補として名が上がっていただけに驚きを隠せません。

池江璃花子選手は東京オリンピックに出場することが可能なのでしょうか?

 


 

池江璃花子が白血病に!

2月12日(火)、突如SNSで競泳の池江璃花子選手が白血病を告白しました。

白血病といえば、ドラマや映画などでも見たことがある方も多いと思いますが、治療の一環として服用する薬に抗生物質が含まれることがあるため、髪の毛が抜け落ちる、といったシーンなんかを思い出すのではないでしょうか。

 

白血病は小さい子どもにうちに発見されると治りやすいとも言われているようです。

池江璃花子選手はまだ18歳で、しかも今回発見されたのが早期の段階だったようで、白血病が治る可能性はあるようです。

 

恥ずかしながら、筆者は白血病になったら治らないと思っていたので、

白血病は治る

ということにも衝撃を受けました。。。

 

池江璃花子選手の白血病も早く治って競泳に復活してほしいですね。

 


 

白血病になる理由

今回、池江璃花子選手は白血病になる前兆として

  • 疲れが取れにくい

ということが多くなってきたそうです。

 

でもそもそも白血病にどうしてなるのでしょうか?

白血病になる原因

白血病を含む「がん」は、一般に遺伝子や染色体に傷がつくことで発症すると考えられています。たとえば、慢性骨髄性白血病(CML)では、患者さんの95%以上でフィラデルフィア(Ph)染色体という異常な染色体が見つかります。遺伝子や染色体に傷がつく原因として、放射線、ベンゼンやトルエンなどの化学物質、ウイルスなどが挙げられていますが、そのしくみは完全には解明されていません。また、白血病は遺伝しませんので、親が罹ったとしても、子どもが必ず白血病になるわけではありません。

参照:https://ganclass.jp/kind/cml/

白血病になる原因は完全には解明されていないようですね。

また、白血病でもいくつか種類があります。

  • 急性骨髄性白血病
    AMLacute myeloid leukemia)
  • 急性リンパ性白血病
    ALLacute lymphoblastic leukemia)
  • 慢性骨髄性白血病
    CMLchronic myelogenous leukemia)
  • 慢性リンパ性白血病
    CLLchronic lymphocytic leukemia)

 

これらの4種に分けられます。

つまり急性慢性か。また、骨髄性リンパ性か。ということになります。

 

池江璃花子選手の白血病がどのタイプになるのかは今はまだわかっていませんが

日々の練習で疲れが取れにくくなったということのようなので、

急性白血病である可能性は高いでしょうね。

 

池江璃花子の白血病は治る?またどれくらいかかる?

白血病は治る病気だとさきほどお伝えしましたが、池江璃花子選手の白血病はどれくらいの期間で治るのでしょうか?

治療の内容や発見時の段階によって期間が異なりますが

外泊などができる入院治療に8〜12ヶ月かかります。

そして入院治療が終わると、1年〜1年半の飲み薬の治療があります。

その間も定期的な通院は必要となります。

 

あくまでもこれは多くの白血病患者のパターンなので、池江璃花子選手もこの通りになるとは限りません。

今回の池江璃花子選手の場合は早期発見ということもあり、上記の期間よりも短縮される可能性もあります。

 

それでも他の病気に比べると比較的長期の治療になることは間違いないでしょうね。

 


 

池江璃花子は東京オリンピックに出場できるのか?

2020年の東京オリンピックまであと1年半ほどにせまったこの時期に池江璃花子選手が白血病に患ったことは衝撃でした。

金メダル候補として有望だった彼女は果たして東京オリンピックに出場できるのかということが気になりますよね。

彼女自身も東京オリンピックに向けて練習をしたり、調整していくことを考えていたと思うと、ぜひ出場してほしいという思いがありますが、やはり白血病が完治しない限り出場の可能性は低いんでしょうね。

 

白血病の治療にはだいたい1,2年かかるようですが、池江璃花子選手は早期発見だったのでもしかしたらもう少し早く治る可能性もあるかもしれません。

東京オリンピック出場のためには代表入りを内定させないといけません。

まずはその選考会にも出場できるようにならなれけば、東京オリンピックには出場できないので

選考会までには白血病を治す必要があります。

 

そのことも考慮すると、東京オリンピックの半年前までには治す必要があるでしょう。

ということはあと1年ほどの期間しか残されていませんね。。。

 

ここまで東京オリンピックに出場できるのか、という心配をしてきましたが

なによりも池江璃花子選手がまずは無事に白血病を完治させることが大事です。

 

白血病は治る

 

池江璃花子選手の発表は衝撃でしたが、これからは治療に専念して、無事に復帰される日が来ることを願っています。

 

 











あなたにおすすめの記事