天皇陛下在位30年式典で熱唱した三浦大知の「歌声の響」の動画はこちら




天皇陛下の在位30年記念式典が2019年2月24日に国立劇場で行われました。

歌手の三浦大知が天皇陛下が作詞、皇后陛下が作曲した「歌声の響」という歌を独唱しました。

テレビでは放送されませんでしたが、NHKはTwitterでその様子を公開していましたので、こちらでも動画を公開します。

非常に心に染み渡り、良い歌なので三浦大知の歌声と歌詞に注目して聴いてみてください。

 

Sponsored Link

 

天皇陛下在位30年式典で熱唱した三浦大知の「歌声の響」の動画

 

Sponsored Link

 

三浦大知が歌った「歌声の響」の歌詞

天皇陛下が作詞をし、皇后陛下が作曲したという「歌声の響」

これはもともと沖縄にあるハンセン病療養所「沖縄愛楽園」

を天皇陛下と皇后陛下が訪問した際に沖縄に伝わる琉歌(琉球の歌)が入所者たちによって詠まれたもので

歌詞のなかには沖縄民謡の船出唄「だんじよかれよし」(「誠にめでたい」の意味)が含まれています。

「歌声の響」の歌詞

だんじよかれよしの 歌声の響
見送る笑顔 目にど残る

(訳)私たちの旅の安全を願うだんじよかれよしの 歌声がひびき,
見送ってくれた人々の笑顔が、いつまでの目に残っています。

だんじょかれよしの 歌や湧うえがたん
ゆうな咲きゆる島 肝に残て

(訳)私たちが立ち去ろうとすると だんじよかれよしの歌声が湧き上がりました。
ゆうなの花が、美しく咲いている島の人々のことがいつまでも心に残っています。

 

 











あなたにおすすめの記事