ワンセグ携帯・スマホでもNHK受信料が発生!対象のAndroid(アンドロイド)端末について




 

2019年3月12日、最高裁はワンセグ携帯・ワンセグスマホにもNHKの支払い義務があるとして判決をくだしました。

ワンセグに関する訴訟はこれまでに5件起こされていましたが、最高裁でNHK受信料の支払い義務があると確定されたのは今回が初めてとなりました。

 

Sponsored Link

 

ワンセグ携帯・スマホでもNHK受信料が発生!

NHK受信料はこれまではテレビだけを対象としていましたが、今回のワンセグ携帯・ワンセグスマホでも対象ということになっためネット上でも衝撃を受けている人が多いです。

それもそのはずで、NHKは「テレビ設置時にさかのぼって支払い義務が生じる」としていて、最高裁もこれを合憲と判決を下しました。

気になる点は2点あります。

まず1つ目は「テレビ設置時にさかのぼって」という点です。

 

テレビ設置時にさかのぼる

ここにはっきりと書かれていますが、設置時とはおかしくないでしょうか?

普通、なにか商品を買った時や契約を結んだ時、その時点から商品代金の支払いが発生しますよね。

それなのにNHKの受信料は契約は設置時よりあとから結んだとしても、設置した時点までさかのぼって支払い義務が命じるというのです。

というか、設置した時点なんてそんな曖昧なことことありますか?笑

契約者が嘘をつけばその時点からになるでしょうし、間違って設置したときよりも以前の時期から申告してしまった場合、その分も支払わなければならなくなるんでしょうね。

NHK側は設置時をどうやって確認するんでしょうか?

 

そしてもう1つ気になるのは、テレビと表記されている点です。

 

テレビだけじゃない!?ワンセグ携帯・ワンセグスマホも対象に

最高裁は「テレビ設置時にさかのぼって支払い義務が生じる」とNHKの言い分に対して合憲と判決を下しています。

にもかかわらず、今回の判決ではテレビ番組が見られる、ワンセグ対応の携帯・スマホも支払い義務の対象と決定したんです!

 

いやいやいや・・・

 

と言いたくなりますよ。

最高裁とNHKは裏でつながってるんじゃないかと思わせられる判決じゃないですか?

ネット上ではこんな意見が多く寄せられていますよ。

 

ワンセグ対応しているのは携帯・スマホだけじゃなくて車に搭載されいてるカーナビにもそういえばワンセグってついてましたね。

カーナビのワンセグも支払い義務が発生するってことなんでしょうかね。

NHKが直接訪問して料金を徴収する今までのスタイルではなく、カーナビ購入時にNHK受信料の支払いの契約をさせられることにでもなったら恐ろしいですね。

 

Sponsored Link

 

ワンセグ対応のAndroid(アンドロイド)端末について

ワンセグ対応の携帯やスマホは主に国内メーカーの携帯・スマホに普及しています。

ワンセグに対応しているAndroid(アンドロイド)端末はたくさんあります。

そのなかでも

  • AQUOSシリーズ
  • Xperiaシリーズ
  • arrowsシリーズ

などが主にワンセグ対応している機種になります。

詳しくは各メーカーや携帯各社のWebサイトや電話などで問い合わせると良いですね。

 

というか、そもそもNHKの受信料を徴収しに来た時には、スマホを見せなければわからないことですし、AppleのiPhoneではワンセグ対応していないので、NHK受信料の支払いは義務は発生しません。

今後新たに携帯・スマホを購入しようと考えている人で、ワンセグ非対応の機種を探している場合は、AppleのiPhoneをまず検討されると良いかもしれませんね。

余計な心配はしたくないですからね。

 











あなたにおすすめの記事