新元号「令和」の読み方と意味は?令和18年はR18に!?

新元号,令和,読み方,意味,令和18年,R18

天皇退位に伴い、元号が「平成」から「令和」という新元号に変わります!

2019年4月1日に菅官房長官から発表がありましたが、「令和」の読み方と意味についてお伝えしますね!

令和18年はR18と表記されてしまうことに心配の声も上がっていますが、アルファベット表記はR?L?どうなるんでしょうか!?

 


 

新元号「令和」の読み方

新元号は何になるのか?と、たくさんの方が予想をしてきたことと思います。

新元号予想ランキングでは「永」「安」「和」という文字が使われたものが多く、「安永」や「永和」などといった予想が上位にランクインしていましたが、結果的にはこれまでの元号の歴史の中では一度も使われたことのない文字「令」が使われることになったのです!

気になることはたくさんありますが、まずは「令和」の読み方ですよね。

読み方は特に難しいことはなく

「令和」と書いて「れいわ」と読みます。

 

令和18年はR18と表記される心配も・・・

明治、大正、昭和、平成・・・

書類などを書く際の生年月日の記入欄には西暦とともに元号を選ぶ欄がありますよね。

そこでは省略として

  • 明治はM
  • 大正はT
  • 昭和はS
  • 平成はH

と、表記されています。

 

これにならうと、新元号の「令和」は「れいわ」つまり

REIWA

と表記されることになります。

ということは、Rが使われることになるということですよね。

 

ってことは令和18年はR18と表記されるのでは?

R18って!!!

アダルト動画とかそんなイメージがありますよね。

R18指定

ってやつです。

 

うーん、これってどうなんでしょうか?

 

RじゃなくてLにするとか?

 

R18年問題(←勝手に命名w)を避けるには R じゃなくて L にしたほうが良いと思います。

どうなるんでしょうね?

 

R18問題がありますが、そういえば平成はずっと H でしたねw

なんでも気にならなくなるもんですね〜(遠い目)

 


 

新元号「令和」の意味は?

新元号「令和」の意味はなんなのでしょうか?

「令和」は万葉集の梅の花32首の序文から由来、引用しています。

初春の令月にして、気淑く風和ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す

しょしゅんのれいげつにして、きよくかぜやわらぎ、うめはきょうぜんのこをひらき、らんははいごのこうをかおらす

 

「令和」の意味は

人々が美しく心寄せ合う中で文化は生まれ育つ

という意味を込められて決定しました。

 

平成はインターネットが普及したこともあり、人々の心のつながりが薄くなったように感じた人も多かったのではないでしょうか?

インターネットの技術が向上するのは良いことですが、人々の心のつながりはこれからも意識していきたいですよね。

令和はそんなインターネット世界に向けての発信の意味も込められたのかもしれません。

 

最近は昭和のレトロ感を好む若者も増えてきていて、昔を思い出したり、人とのつながりを大事にする人も増えてきました。

「令和」がまたそのきっかけになれば良いですね(^^)











あなたにおすすめの記事