新紙幣の肖像画の渋沢栄一、津田梅子、北里柴三郎って誰?何した人?いつから?

新紙幣,肖像画,渋沢栄一,津田梅子,北里柴三郎,誰,何した人,いつから,発行

2019年4月9日(火)、日本の紙幣の肖像画が変わることが明らかにされました。

新紙幣はいつから流通し、1万円札、5千円札、千円札、それぞれの肖像画は誰になるのでしょうか?

また、何をした人たちなのでしょうか!?

詳しく見ていきましょう!

 


 

新紙幣の肖像画が変わる!いつから?

新紙幣の肖像画が変わるというニュースが入ってきましたね!

肖像画とは、紙幣に描かれている人物のことで、有名なのは聖徳太子ですよね。

 

では現在、流通している紙幣はご存知ですよね?

 

1万円札、5千円札、千円札

ですよね。

 

3つの紙幣の肖像画が変わるということで、今から話題になっています。

そして肖像画が変わるのはいつからなのかというと・・・

2024年から発行され、流通されるということです。

 

5年後に発行されるということですが、まだ少し先になりますね。

2020年には東京オリンピックが開催され、そしてその5年後、2025年には大阪万博が開催されます。

大阪万博が開催される1年前から新紙幣が流通されるということなので、新紙幣と旧紙幣の両方が利用されて、会計時にお釣りなどで間違えたりしそうですよね。

今はほとんど流通していませんが(沖縄では流通している?)2千円札ができた当時は千円札や5千円札とよく間違えられていました。

新紙幣,肖像画,渋沢栄一,津田梅子,北里柴三郎,誰,何した人,いつから

 

私も一度、レジの店員さんに2千円札を出して5千円札と間違えられ、お釣りを多くもらったことがあります。

その時は、店員さん気づくかな〜?と思って見てたので、すぐに気づいてその場で「それ2千円札ですよ」と言って、正しい金額のお釣りを返してもらいました。

 

こんなことがもしかしたらまた起こるかもしれませんね(汗)

 

 

そうならないためにも今のうちから現在の紙幣と新しい紙幣の肖像画の人物をしっかりと把握しておきましょう!

ではここで問題です。

現在のそれぞれの紙幣の肖像画は誰でしょう?

答えられますか?

 


 

新紙幣の肖像画は誰に?何をした人?

現在の紙幣の肖像画の人物は誰かわかりましたか?

以下で答えを発表していきますね!

そして新紙幣に肖像画に選ばれた人物は誰で、何をした人かについてもお伝えしていきます。

1万円札は渋沢栄一

新紙幣,肖像画,渋沢栄一,,誰,何した人,いつから

新紙幣の1万円札の肖像画の人物は渋沢栄一(しぶさわえいいち)に決まりました。

現在の紙幣は福沢諭吉(ふくざわゆきち)でしたね!

1万円札といえば「諭吉さん」というイメージがすごくありますよが、1万円札も変わってしまうんですね〜

1万円が何枚あるかということを、「諭吉何人」と言うこともあるぐらい、それぐらい強烈に印象付けられている人も多いハズ。

例えば買い物に行くときに、「諭吉5人は持ってきてね〜」なんて言ったり。

 

じゃあ渋沢栄一はそれぐらい印象に残る人になるのでしょうか?

渋沢栄一が何をした人なのか、知っていますか?

 

渋沢栄一は「日本資本主義の父」と言われていて、数多くの企業や学校の設立に関わった人物です。

  • 第一国立銀行
  • 東京証券取引所
  • 東洋紡
  • 東京ガス
  • 東京海上日動火災保険
  • 帝国ホテル
  • 王子製紙
  • キリンビール
  • サッポロビール
  • 東急電鉄
  • 京阪電鉄
  • 東京商工会議所
  • 一橋大学
  • 東京経済大学

などなど・・・

なかでも第一国立銀行は、今も第何十何銀行といった数字が入る銀行が地方にはたくさんあると思いますが、その先駆けとなった銀行なんです。

渋沢栄一の仕事っぷりは真面目だったようですが、実はかなりの女好きだったということもわかっています。

妻の他に愛人がいたこともあります。また妻とは離婚し愛人とは別の女性と再婚をしていました。

そしてその女性たちの間に生まれた子どもは全員で10人いたことがわかっています。

 

こういった経緯もあり、渋沢栄一はかつて幾度となく新紙幣の肖像画に選考されていましたが、実際に採用されることはなかったようなのです。

ですがようやく日の目を見ることになった、ということなんです(^^)

 

渋沢栄一は女たらしだったかもしれませんが、数多くの企業や大学の設立をしてきた人物でもあるので、良い意味で人たらしだったと言えるでしょうね。

人たらしだからこそ人脈ができ、実業家としても成功できたのでしょう。

 


 

5千円札は津田梅子

新紙幣,肖像画,津田梅子,誰,何した人,いつから

次は5千円札です。

現在の5千円札は新渡戸稲造(にとべいなぞう)?いやいや、樋口一葉(ひぐちいちよう)ですよ。

新渡戸稲造は樋口一葉の前の5千円札紙幣の肖像画として採用されていました。

今でも5千円札の肖像画は誰でしょう!?と質問したら

新渡戸稲造!!!

って答える人はいると思いますよ笑

 

で、2024年から刷新される5千円札の肖像画の人物は津田梅子(つだうめこ)という人になるのですが、何をした人か知っていますか?

津田梅子は6歳でアメリカ留学を経験し、女子教育に力を入れ、女性の高等教育を目指していました。

女子教育の先駆者として活動し、現在の津田塾大学となる学校を創立しました。

 

現在は女性が活躍する時代だからこそ、津田梅子が選ばれたのは良かったですね!

 

千円札は北里柴三郎

新紙幣,肖像,北里柴三郎,誰,何した人,いつから

現在の千円札の答えです。

現在の千円札は夏目漱石(なつめそうせき)?いやいや、野口英世(のぐちひでよ)です。

そして新紙幣の肖像画の人物は北里柴三郎(きたざとしばさぶろう)に決まりました〜!

北里柴三郎は何をした人なのでしょうか?

北里柴三郎は「日本の細菌学の父」とも言われており、細菌学者で当時、流行していた破傷風の治療法を開発しました。

その功績が讃えられ、1914年に「北里研究所」が設立されました。

しかし彼の研究に文句を言う人もいて派閥があったようですが、その派閥と反発し、私費で新たに私立北里研究所を設立しました。

多くの病原菌の血清開発に取り組み、それが認められ、のちに日本医師会の初代会長に任命されました。

 


 

まとめ

新紙幣の発行・流通はいつからか?
↓↓↓

2024年から

 

新紙幣の肖像画の人物は誰?
↓↓↓

1万円札:渋沢栄一(しぶさわえいいち)
5千円札:津田梅子(つだうめこ)
千円札:北里柴三郎(きたざとしばさぶろう)

 

現在の紙幣の肖像画の人物は?
↓↓↓

1万円札:福沢諭吉(ふくざわゆきち)
5千円札:樋口一葉(ひぐちいちよう)
千円札:野口英世(のぐちひでよ)

新紙幣の肖像画の人物は何をした人?
↓↓↓

渋沢栄一:「日本資本主義の父」
津田梅子:「女子教育の先駆者」
北里柴三郎:「日本の細菌学の父」

 

これだけ覚えておけば十分です!

新紙幣の話になったらまわりの人に教えてあげてくださいね(^^)











あなたにおすすめの記事