光化学オキシダント注意報とは?光化学スモッグとはなにが違う?危険性や対策は?

光化学オキシダント,注意報,とは,光化学スモッグ,危険性,対策

2019年5月23日(木)、福岡宮崎広島島根などで光化学オキシダント注意報が発令されました。

光化学オキシダントってなに?って思いませんでしたか?

光化学スモッグなら聞いたことがあるんだけど・・・

光化学オキシダントと光化学スモッグの違いや危険性、そして対策についてこの記事でお伝えします。

 


 

光化学オキシダント注意報とは?

本日(2019年5月23日)、西日本の各地で光化学オキシダント注意報が発令されました。

そもそも光化学オキシダント注意報とはいったいなんなのでしょうか?

 

光化学オキシダント注意報とは?

光化学オキシダントとは大気の汚染物質で、高濃度で粘膜を刺激するため

  • 目がチカチカする
  • のどが痛い
  • 息苦しい

といった症状が出ます。

そのため不要な外出や屋外での激しい運動は控えるように、というお知らせのことです。

これって光化学スモッグ注意報とはなにが違うんでしょうかね?

 

光化学オキシダントと光化学スモッグとはなにが違う?

光化学オキシダントと光化学スモッグはなにか違うのでしょか?

昔から光化学○○と言えば、光化学スモッグのことだと思っていましたが、いつから光化学オキシダントって名前が出てきたんでしょうかね?

光化学オキシダントは先程も説明したように、

 

大気の汚染物質で、高濃度で粘膜を刺激するため

  • 目がチカチカする
  • のどが痛い
  • 息苦しい

といった症状がでます。

 

 

一方、光化学スモッグはというと・・・

光化学スモッグ(こうかがくスモッグ)とは、オゾンやアルデヒドなどからなる気体成分の光化学オキシダントと、硝酸塩や硫酸塩などからなる固体成分の微粒子が混合して、周囲の見通し(視程)が低下した状態をいう。光化学オキシダントを主成分とするスモッグ。健康に影響を及ぼすことがある大気汚染の一種。

工場や自動車の排気ガスなどに含まれる窒素酸化物や炭化水素(揮発性有機化合物)が、日光に含まれる紫外線により光化学反応を起こして変質しオゾンなどが発生する。夏の暑い日の昼間に多く、特に日差しが強く風の弱い日に発生しやすい。

引用:Wikipedia

 

わかりましたか?

つまり、光化学オキシダントは大気中の気体で、特に汚染された物質のことを言い、光化学スモッグはそれにプラスして工場や自動車から出る汚染物質が混ざったものを言います。

光化学スモッグは光化学オキシダントを主成分としています。

 


 

光化学オキシダントの危険性や対策は?

光化学オキシダントと光化学スモッグの違いがわかったところで、では、光化学オキシダントの危険性と対策についてお伝えします。

光化学スモッグは光化学オキシダントを主成分としているため、光化学オキシダントは光化学スモッグと比べて、比較的危険性はマシですが、注意報が出た場合は、しっかりと対策を取ったほうが良いです。

 

では光化学オキシダントの危険性と対策についてですが、

上記でもすでに述べていますが、

高濃度で粘膜を刺激する危険性があるため

コンタクトを使用している方はコンタクトをはずし、メガネに変えることをおすすめします。

また、喉や鼻からの侵入を防ぐため、マスクやタオルなどで呼吸器系への侵入を防ぐようにしたほうが良いでしょう。

 

ベストな対策は不要な外出をできるだけ避けることです。

 

まとめ

光化学オキシダントとは

大気の汚染物質で、高濃度で粘膜を刺激する

 

症状は

  • 目がチカチカする
  • のどが痛い
  • 息苦しい

 

光化学スモッグとの違いは?

光化学オキシダントを主成分とし、工場や自動車から排出される汚染物質を含んだものを光化学スモッグと言う

 

光化学オキシダント注意報の対策は?

  • 不要な外出は避ける
  • 外出時はコンタクトではなくメガネの着用を
  • マスクやタオルなどで口や鼻を覆う

 

これでもう安心ですね。

光化学オキシダント注意報が出た時は上記の対策を取ってくださいね(^^)











あなたにおすすめの記事