フリーランス(派遣)僧侶、静慈彰(しずかじしょう)への依頼(申し込み)方法や電話、サイトについて

フリーランス,派遣,僧侶,静,慈彰,しずかじしょう,依頼,申し込み,方法,電話,サイト,メール.jpg

僧侶にフリーランスの人がいるって知っていましたか!?

派遣とも言われていますが、まずそもそも僧侶ってどこかのお寺に属しているのが普通なんだと思っていましたが、時代は変わりましたね〜笑

檀家制度も薄れてきつつある世の中なので、無宗教の人も多いと思います。

でも、家には仏壇があるという人もいたり・・・

 

フリーランス(派遣)の僧侶、静慈彰(しずかじしょう)さんは先駆けとして活動している1人です。

無宗教だからどこに法要の依頼をすればいいのかわからない。

といった悩みをお持ちの方が静慈彰(しずかじしょう)さんにお願いするケースがあるそうです。

また、大層な法要ではなく、簡潔に済ましたい人もいると思います。

そうしたニーズに答えてくれるのがフリーランス僧侶の静慈彰(しずかじしょう)さんなんです。

 

フリーランス僧侶の法要、法事などの依頼、申込み方法、電話、サイトについての情報を以下でお伝えしていきます。

 


 

フリーランス(派遣)僧侶ってなに?

フリーランス、派遣の僧侶ってそもそもなんなのでしょうか!?

 

日本の僧侶は檀家制度が取られています。

お寺は檀家さんにお布施をいただきお寺の維持、修繕などをしています。

また、お賽銭もお寺の収益になります。

 

一方で、フリーランス(派遣)僧侶はお客さんから依頼を受けて法要などをした分のみが収入となるので、お寺と違ってなかなかシビアです。

ですが、人気が出ると、公演なども開催することもあるので、ある程度収入は落ち着くようです。

 


 

フリーランス(派遣)の僧侶、静慈彰(しずかじしょう)とは

フリーランス(派遣)の僧侶のさきがけとして本の出版もしている静慈彰(しずかじしょう)さんという方がいます。

この方、実家がお寺で僧侶として活動していましたが、3度もお寺をクビになり、プライベートでは離婚歴もある異色の僧侶なんです。

実家に帰ることもできず、頼れるところもないので、車中生活をすることに。

車で寝泊まりし、車内で生活をし、依頼があれば全国どこへでも車で駆けつけて僧侶としての仕事をするという生活を送っている、新時代の僧侶です。

今では彼と同じような境遇の人のために説法をすることもあるそうです。

 

お客さんからは

勇気をもらいました!

なんとかやっていけそうです!

と前向きな感想をいただくようになり、静慈彰(しずかじしょう)さんとしても同じような境遇の人がこんなにもいたんだ、苦しい経験をしているのは自分だけじゃないんだ、と実感したそうです。

そんなフリーランス僧侶の静慈彰(しずかじしょう)さんとはこんな方です。

フリーランス,派遣,僧侶,静,慈彰,しずかじしょう,依頼,方法,電話,サイト

 


 

静慈彰(しずかじしょう)への依頼(申込み)方法や電話、サイトについて

静慈彰(しずかじしょう)さんへの法要などの依頼・申込み方法はこちらに記載していきます。

依頼方法については電話、メール、Webサイトから可能となっています。

電話番号:090-7751-1003

メール:shizuka_akio@yahoo.co.jp

御本人が対応されますよ(^^)

 

Webサイトからの依頼、申込み方法は以下です。

http://nanpukuji.sakuraweb.com/entry.shtml

こちらにアクセスするとこんな画面が出てきます。

フリーランス,派遣,僧侶,静,慈彰,しずかじしょう,依頼,方法,電話,サイト
  • 通夜・葬儀・南福寺プラン
  • 戒名・生前プラン
  • 納骨・永代供養・分骨
  • 回忌法要・法事
  • お盆・施餓鬼供養
  • 彼岸供養
  • 加持・祈祷
  • 塔婆

と様々なプランがあり、依頼ができます。

WEBから申込む

をクリックすると以下のように入力フォームが出てくるので、それぞれ入力していきます。

フリーランス,派遣,僧侶,静,慈彰,しずかじしょう,依頼,方法,電話,メール

また、FAXからの依頼、申込みも受け付けているようですよ(^^)

入力後、下のほうにある

確認ボタンをクリックしてください。

確認画面が表示されますので、下のほうにある

送信するをクリックします。

 

これでWebからの依頼、申込みは完了です。

のちほど御本人から折返しのメールもしくは電話が来るので、それまで待ちましょう。

 


 

まとめ

フリーランスの僧侶(住職)がこれから流行るかもしれません。

その先駆けとして静慈彰(しずかじしょう)さんが話題となっています。

社会不適合僧侶の究極ミニマル生活 くるま暮らし。

新品価格
¥1,350から
(2019/5/29 21:25時点)

 

本も出版しているので彼のライフスタイルや彼自身に興味がある方は一読の価値ありです。

社会不適合者という言葉はよく聞きますが、社会不適合僧侶というネーミングは初めて聞きますね。

社会不適合な人でも僧侶になれるし、自分らしい生活を送ることは可能なんです。

 

それを証明してくれているのがフリーランス僧侶の静慈彰(しずかじしょう)さんです。

法要や法事だけでなく、公演や説法、さらには瞑想の会も開いているので、彼が発信する情報をチェックしておくと良いですよ。

下記は静さんの瞑想の情報が載っているサイトです。

↓↓↓

http://bodhi-tree.sakura.ne.jp/index.shtml

 

フリーランス僧侶(住職)、これからもっと増えれば良いですね(^^)











あなたにおすすめの記事