三浦瑠麗は結婚していた!?夫や子供は?本を出版し、国会で討論経験も…

三浦瑠麗,結婚,夫,子供,本,出版,国会,討論,経験

国際政治学者として活躍中の…
三浦瑠麗(みうらるり)さん。

本を出したり国会での討論経験があったり、と様々な場所で活躍していますよね

そんな彼女が実は結婚して夫がいたことが発覚!
しかも、子供の存在まで!?

気になる真相を画像と共に紹介します(^^)/

 


 

三浦瑠麗は結婚していた!?

政治番組を始め、様々なメディアに出演している三浦瑠麗(みうらるり)さん。
三浦瑠麗,結婚,夫,子供,本,出版,国会,討論,経験テレビで見ない日がないのでは?!というぐらい多忙ですよね。

テレビでの活躍に留まらず、
2019年2月には国会に招かれ、自身の意見を述べる等その活躍は華々しいんです!

そんな彼女、美しく妖艶な雰囲気のある独身女性かと思いきや実は夫のいる人妻

これには多くの人が驚いたのではないでしょうか\(◎o◎)/!

しかも…

「学生結婚」

ということで、かなり意外ですよね。

また、それには理由があるようで…

「厳しい家庭で育ったその環境から抜け出したかった」
というのが本音のようです。

とはいえ、結婚した年齢は22歳。

しかも、彼女自身東京大学を卒業

その後、大学院に進学し博士号を取得している程のエリートですから、しっかりと先を見据えての結婚だったことがわかります。

彼女の夫も東京大学卒業の超エリートだそうで。

次項では彼女の夫。
そして、子供についても詳しく掘り下げてみましょう!
気になる画像も!?

 


 

三浦瑠麗の夫は誰?子供の画像もある?

三浦瑠麗さんの夫。
それは彼女に負けず劣らずのエリート男性で、その名は…

三浦清志(みうらきよし)さん

というようです。
三浦瑠麗,結婚,夫,子供,本,出版,国会,討論,経験外務省勤務後、世界屈指のコンサルティング会社「マッキンゼー」へ。

現在は、投資会社でマネージングディレクターをしている超エリート!!

顔立ちも非常に整い、美男美女でお似合いですね♡

彼女たちの結婚は、当時の東京大学学生の中でも非常に驚きの出来事だったのではないでしょうか。

学生結婚というと「若い2人」に対しての不安が多かれ少なかれ伴うものですが、彼女たちに関してそれは全くありませんね。

ということで、彼女は噂どおり結婚していることがわかりました!

次に子供について…。

独身のイメージの強かった彼女ですから、まさかまさか!
子供までいるなんて想像もつかないでしょう。

でも、実はこちらも本当の話なようです。

2012年に生まれた娘さんで、SNSにも多数画像をアップしているようです。
三浦瑠麗,結婚,夫,子供,本,出版,国会,討論,経験三浦瑠麗,結婚,夫,子供,本,出版,国会,討論,経験東大×エリート両親の子供だけあって、スタンプに隠されている画像でも利発な雰囲気が漂いますね。

また、2009年に1度妊娠・出産を経験しているものの、その時は切迫流産のために亡くなってしまっています。

彼女にとってそれは、「これまでの人生でもっとも辛かった時」だったのにも納得ですね。

お子様との写真も見れる三浦瑠麗さんのSNSはこちらから
↓↓↓
Twitter:@lullymiura

 


 

三浦瑠麗は自伝本を出版し話題に

美人で知的、これまでの人生イージーモードであると予想できる三浦瑠麗さん。

でも実は、彼女の半生が描かれた本の出版によりそのイメージは一転するといいます。

その本の名は…

「孤独の意味も、女である味わいも」(新潮社)という自伝本。

孤独の意味も、女であることの味わいも

新品価格
¥1,404から
(2019/8/4 19:26時点)


長女の死産、それから中学時代に受けた暴行事件等、華やかに見える彼女の辛い過去に触れています。

が、本のなかですべての経験を含めて「豊かだった」と結んだ彼女の気持ちは、やはり世間に大きな衝撃を与えるものだったのではないでしょうか。

 


 

三浦瑠麗は国会で討論経験も

本を出版しただけでも驚きですが、彼女の活躍は幅広く、前述したように過去には国会で討論した経験もあるんです!
三浦瑠麗,結婚,夫,子供,本,出版,国会,討論,経験

 

衆議院予算委員会での意見陳述だったそうですが、これは賛否を呼んだといいます。

確かに優秀な彼女ですが、立場としては国際政治学者であり、国会で意見を述べることに疑問を持つ人が多かったのでしょう。

それでもしっかり20分時間をとり、堂々と意見したようです。

それがこの動画です。

この意見の捉え方は人それぞれですが、いずれにしても国会での彼女の存在感も相当なものでした。

 


 

まとめ

・結婚している!
・子供がいる!
・自伝本にはこれまでの半生が!
・国会には意見陳述で呼ばれていた!

ということで、彼女のことを知れば知るほど深い魅力を感じたのではないでしょうか。

結婚して家庭をもっている上で、本を出し国会で活躍するなんて…
超エリートであることは間違いなさそうですね☆











あなたにおすすめの記事