南芦屋浜ベランダの工事はいつ終わるのか。釣りはいつから開始できるのか?

南芦屋浜ベランダ護岸工事状況

2018年の台風の影響により2019年の年末より護岸工事が行われている南芦屋浜ベランダですが、当初予定されていた工事の終了予定は2020年8月末頃でした。

しかし2021年4月現在の今なお、護岸工事は終了しておらず、多くの釣り人が今か今かと工事が終了するのを待ちわびていることと思います。

私もそのうちの一人で毎月更新される南芦屋浜護岸改修工事のサイトを見て、逐一チェックしています。こちらの情報によると、南芦屋浜ベランダが利用できる時期や釣りができる時期、駐車場の利用時間等が明記されているため、気になる方はチェックしておくと良いですよ。

この記事では実際に工事現場の近くで撮影した画像を掲載したり、先のサイトで説明されている内容をまとめていますので、気になる方はご覧ください。

目次の各項目をクリックすると気になる情報だけ見ることができますので、合わせてご利用ください。

 


 

南芦屋浜ベランダの護岸工事について

2018年9月の台風の影響により柵や護岸が被害を受け、南芦屋浜ベランダの一部が利用できない状態でした。近隣の釣りスポットも同じような被害を受けていたため、釣り人にとっては釣り場がなくなってしまいます。これは死活問題ですよね。

南芦屋浜のベランダ周辺では近年、戸建ての建設が増加していることもあり、なおさら護岸工事の重要性が増してきています。

台風や地震による津波の発生で被害を受けないために、しっかりとした防波堤、防潮堤を設置する必要があります。

津波の被害を受けてしまうと釣りスポットとしても利用できなくなりますからね。なにより近隣住民の方を守ることが第一ですが。

南芦屋浜ベランダの護岸改修工事は当初の予定ではビーチ護岸と南護岸は令和2年8月31日に終了する予定でした。

しかし、以下の理由により工事期間を延長せざるを得なくなったそうです。

南護岸・ビーチ護岸は、2段階の防潮堤(中壁・後壁)やアクリル板の採用、スロープの設置等、複雑な護岸形式となっています。

加えて、①防潮堤の基礎形状に変更が生じたこと、②バリアフリー対応・バイク進入防止対策等のため護岸背後の歩道・駐車場についても整備する必要が生じたこと等から、工事の各工程を精査し、できる限りの工期縮減策を検討しましたが、想定よりも工期を要してしまう結果となりました。

南芦屋浜護岸改修工事より抜粋

当初予定していた護岸改修工事よりもより安全に利用できるように、またバリアフリーに対応したり、歩道や駐車場の整備も行ってくれるということなので、工期が長くなってしまうことは釣り人からすると残念なお知らせではありますが、安全に、そしてこれからも長く利用できるようになると考えて、工事が終了するまで気長に待ちましょう。

 

2021年3月末の東護岸(南)の護岸工事の状況

この記事を執筆しているのは2021年4月30日ですが、ちょうど1ヶ月前の3月末、東護岸の北側から撮影した画像を紹介します。

東護岸の南側にあたる箇所ですが、ここはビーチ護岸と南護岸よりも遅れて工事が開始されたため、このエリアについては利用できる時期も一番最後の予定となっていますが、ひとまず3月末時点での工事状況は以下のようになっています。

南芦屋浜ベランダ護岸工事状況

画像右側にあるのが、歩道側の後壁の防潮堤です。その手前(画像真ん中)にあるのが中壁の防潮堤です。

 

南芦屋浜ベランダ護岸工事状況

中壁ができたことにより、以前よりも随分と海側の柵との距離が近くなったように感じます。広々していたスペースが少し圧迫感が感じられるようになったかもしれませんね。

 

南芦屋浜ベランダ護岸工事状況

最後の画像は東護岸の北側の風景です。このエリア一帯は今のところ工事の予定は未定ですが、高潮対策の検討は行っているようです。またそのほかのエリアでも同様に検討中のようです。

現在工事中のビーチ護岸、南護岸、東護岸(南)エリアの工事が終了したら、西護岸、北護岸、東護岸(北)、マリーナ護岸も工事をする可能性は高いでしょう。

 


 

釣り開放区域

一般的に釣りができる地域は公に釣りが可能と明記されていることは少なく、黙認されている地域がほとんどのようですが、南芦屋浜ベランダに限っては、公に釣りが可能と明記されている非常に珍しい釣りスポットとなっています。

しかし、当然ながらマナーが悪ければ釣り禁止となってしまう可能性もあるため、当たり前ですがゴミは各自で持ち帰るか、適切な場所に捨てるなど、場を荒らしたり汚したまま帰ることのないように注意しましょう。

若い人でもお年を召した方でも、年齢を問わず、ゴミをそのまま置いて帰る釣り人を見たことがあります。はっきり言って意味がわかりません。自分で使ったもの、出したゴミは自分で処理しましょうね。

少し話が逸れましたが南芦屋浜ベランダにおける釣り開放区域について説明します。まずは以下をご覧ください。

南芦屋浜護岸改修工事のサイトで利用されている画像やイラスト等は使用できないため自分で作成しました。笑

  • ビーチ護岸は全面、釣り禁止
  • 南護岸は釣りOK
  • 東護岸(南)も釣りOK

現在、護岸改修工事を実施しているエリアの工事終了後の釣り開放区域となります。

南護岸と東護岸(南)の釣りが可能となる開始時期についてはいつなのでしょうか?

 

釣り可能開始時期

2021年4月13日から一部供用開始されていますが、歩道側の防潮堤(後壁)から中壁までの間のみ利用可能となっています。

中壁から海側の利用が可能となるのは2021年6月末となっています。6月末までは釣りができないどころか海側へもおそらく行けませんので、くれぐれもご注意ください。

また、東護岸(南)は2021年8月末頃から共用開始予定となっています。それまでは立ち入ることができません。

 

駐車場の利用可能時間

2021年6月末から釣りができるようになったとして、駐車場はどうなるのか。という話になってくると思います。駐車場も新たに整備されているようですが、場所はこれまでとは変わらないようです。

近隣に4箇所ありビーチ護岸から東護岸(南)にかけて

  • 潮芦屋緑地西駐車場
  • 潮芦屋緑地東駐車場
  • 南緑地西駐車場
  • 南緑地東駐車場

があります。

上記4つの駐車場の利用時間はすべて同じです。

駐車場へ入庫できる時間帯は7時~19時まで

退出時間は20時までとなっています。

 

  • 南緑地東駐車場

のみ8月末から利用可能です。それ以外の3つの駐車場は4月13日から利用できるようになっています。

 


 

夜間は周辺道路も閉鎖される

今までは夜間の釣りが可能でしたが、工事後は夜間の釣りができなくなってしまいました。これも近隣住民を守るための策なのでしょう。

夜間は周辺道路、駐車場、防潮堤の門扉が閉鎖されるため、必ず退出しなくてはいけません。警備もつくようなので夜にこっそりと防潮堤の門扉を飛び越えて釣りをすることはできません。警備員がいなくてもそんなことはしてはいけませんが。。。

ところで、夜間というのは何時のことを指しているのかというと、

護岸内は20時~翌6時

周辺道路や駐車場は19時~翌7時

 

この時間帯は護岸内に入ることはおろか、駐車場、周辺道路も利用できません。近隣住民の方の安全を守るためなので、釣り人である我々も理解を示し、ルールに則り釣りを楽しみましょう。

 

釣り可能開始時間

近隣の駐車場や周辺道路についての利用開始時期と時間はわかりましたが、肝心な釣りができる時間帯はいつなのかというと、護岸内に入ることができるのが6時~20時なのでこの時間帯であれば釣りが可能です。

しかし、駐車場が利用できる時間帯は7時~19時なので、1時間のズレがあることを覚えておいてください。駐車場の退出時間は20時までです。

 

最後に

関西有数の釣りスポットである南芦屋浜ベランダ。ここで釣りをしていた人も多いと思います。

スペースが広く、トイレも近くにあるので、ファミリーにも利用しやすいため毎週末になると多くの釣り人が訪れていました。またこのエリアは魚の種類が豊富で魚群も濃いためビギナーでも楽しめます。

護岸改修工事が終わり、釣りが再開できるようになるまで待ち遠しいですね。

釣り場を綺麗な状態で保っていけるように我々釣り人はゴミを持ち帰ったりして清潔に保つように心がけましょう。

 











あなたにおすすめの記事